トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2023年 > 3月 > 令和4年度行政監査結果の概要について

更新日:2023年3月16日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

令和4年度行政監査結果の概要について

発表日 2023年3月16日(木曜日)

令和4年度行政監査を下記のとおり実施したので、その結果を公表します。

1.監査のテーマ

『個人情報等の適正管理について』

2.テーマの選定理由

個人情報の漏えい等の事案が複数発生していることを踏まえ、県が保有する個人情報について、富山県個人情報保護条例等に基づき、取得、管理、利用、提供について、適正に行われているか検証し、今後の行政事務の改善に資するもの。

3.主な着眼点

  1. 個人情報の取得・管理は適切に行われているか。
  2. 個人情報の利用・提供は適切に行われているか。
  3. 個人情報の安全確保策、事故発生時策はどうか。
  4. 特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)や個人情報(電子)のセキュリティ対策は適切に行われているか。

4.監査の対象機関

全機関

5.調査方法等

(1)予備調査

本庁及び出先機関の全ての機関を対象に、個人情報取扱事務の状況を調査する。

(2)実地監査

予備調査の状況を踏まえ、個人情報取扱事務登録簿から、個人情報の内容等を考慮のうえ抽出した24機関に対し、監査調書の提出を求め、証拠書類の確認、担当者からの聴き取り調査等の実地監査を実施した。

6.監査の実施期間

令和4年10月から令和5年3月まで

7.監査の意見(要旨)

今回の監査では、個人情報等の適正管理について、多くの機関で適正に処理されていたが、一部に不備も見られたところであり、県民の権利利益の保護と行政サービスの向上のため次の事項について、留意改善されることを望むものである。

  1. 個人情報取扱事務登録簿に記載された個人情報の項目と実際に保有している個人情報の項目が異なる事務が見られた。実際に保有する個人情報の項目を再度点検、更新し、時代の変化に応じた個人情報の取得の要否についても点検されたい。また、個人情報保護の制度、目的等改めて周知徹底を図られたい。
  2. 個人情報の取扱担当者を限定していたものの、電子データのパスワード付与を行わないまま管理していた事務が見られた。個人情報の管理及び保管について点検し、必要な対策を取られたい。併せて、個人情報の取扱を外部委託する事務は、受託者に対し、委託契約書に付される個人情報取扱特記事項についての履行確認を徹底されたい。
  3. 情報漏洩事案の発生を受け、全庁をあげて、チェック体制の強化等対策が行われ、個人情報の適正な取扱いについて浸透が図られてきている。今後も情報漏洩事案が二度と発生しないよう、人為的ミス防止のための各種対策を徹底されたい。また、過度な業務負担や業務の慣れ等によりさらなる事案を引き起こすことのないよう、事務の見直しやシステムの導入など、引き続き必要な措置を講じられたい。
  4. 多くの機関で情報漏洩事故が発生した場合を想定した手続きを確認できたが、内容にバラつきが見られた。制度所管課においては、特定個人情報以外の個人情報についても、事故発生時の報告連絡体制やマニュアルを定め、周知いただきたい。併せて、個人情報全般の定期的な監査等の検討や、情報セキュリティ対策についても、引き続き定期的な監査や研修などを通じた職員の意識向上に努められたい。
  5. 国の法改正に伴い、令和5年4月から新たな個人情報保護法に統合及び一元化されることから、制度所管課においては、これまでの個人情報保護制度の枠組みも活用しつつ、新法に基づく事務手続きを進められるよう、運用通知の発出など、新制度について周知いただきたい。

8.参考

行政監査は、地方自治法第199条第2項の規定に基づき、県の事務の執行が経済性、効率性及び有効性などの観点に沿ってなされているかどうかについて監査するもので、毎年度テーマを定めて実施しています。

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

監査委員 監査第一課

076ー444ー3469

野畑、沼崎