トップページ > 防災・安全 > 防災・消防 > 消防 > 令和3年度消防設備士法定講習の実施

更新日:2021年7月8日

ここから本文です。

令和3年度消防設備士法定講習の実施

消防設備士は、総務省令で定めるところにより、都道府県知事(総務大臣が指定する市町村長その他の機関を含む。)が行う工事整備対象設備等の工事又は整備に関する講習を受けなければならないことになっています。(消防法第17条の10)

 

令和3年度の消防設備士講習を下記の通り実施します。

受講対象の方は、必ず受講して下さい。

【重要】新型コロナウイルス感染症への対応について

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講習会はマスクの着用や手指消毒の徹底、会場の換気、机やドアノブの消毒、受講者の座席の間隔を空ける等の対策を取った上で実施いたします。

・ただし、国からの開催制限等の要請がなされた場合、または、使用する会場から会場の使用を断られた場合は「中止」あるいは「延期」となる可能性があります。

・万が一講習会を「中止」または「延期」する場合は、このホームページ等で別途お知らせいたしますので何卒宜しくお願い致します。

1.受講対象者

消防設備士免状の交付を受けている方で、次のいずれかに該当する方。

(1)消防設備士免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内の方。

(2)前回の講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内の方。

 ※期限内に必ず受講して下さい。

2.講習区分・日時・会場

(1)講習区分・日時

 ・避難設備・消火器(甲5類、乙5、6類)

令和3年10月6日(水)、7日(木)

午前9時から午後5時まで

 ・警報設備(甲4類、乙4、7類)

令和3年10月20日(水)、21日(木)、22日(金)

午前9時から午後5時まで

 ・消火設備(甲1、2、3類、乙1、2、3類)

令和3年10月27日(水)、28日(木)

午前9時から午後5時まで

(2)会場

富山市下野995番地の3 富山県市町村会館

3.講習科目

(1)工事整備対象設備等関係法令及び防火に関する他法令等に関する事項

(2)工事整備対象設備等の工事又は整備等に関する事項

4.講習科目の一部免除

(1)前記「2.講習区分」のうち、いずれかの講習を受けた後、6カ月以内に他の講習を受けようとする方は、前期「3.講習科目」のうち、(1)について受講が免除されます。

(2)消防庁長官が指定する公共団体が行う講習を受けた後、6カ月以内に講習を受けようとする方は、前記「3.講習科目」のうち、(1)について受講が免除されます。

5.受講申請手続等

(1)受付場所

一般財団法人 富山県消防設備保守協会

(2)受付期間

令和3年8月26日(木)から9月3日(金)までに郵送又は持参してください。

(3)受講案内・申請書配布場所

・一般財団法人 富山県消防設備保守協会

・富山県内各消防本部

・富山県危機管理局消防課

(4)受講申請書

・前記「2講習区分」ごとに1通ずつ提出してください。

・写真(申請書提出6カ月以内に撮影した無帽、無背景、正面上三分身で、縦4cm×横3cmのもの)を貼付してください。

(5)受講手数料

講習区分ごとに7,000円の富山県収入証紙を申請書の「※手数料欄」に貼付してください。

6.問い合わせ先

一般財団法人 富山県消防設備保守協会

〒939-8201

富山市花園町4丁目5番20号 富山県防災センター2階

電話:076-422-1135

一般財団法人 富山県消防設備保守協会(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:危機管理局消防課予防係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-4589

ファックス番号:076-444-0657

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?