更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

物品電子入札FAQ

質問見出しここまで

<特にお問合せの多い質問はこちら>

A. 事前準備に関する質問

B. ICカードに関する質問

C. 利用者登録に関する質問

D. 入札書提出までの質問

E. 入札書提出以降の質問

F. その他の質問

G. 操作中のエラー表示に関する質問

質問項目ここまで

A. 事前準備に関する質問

A1 電子入札の準備は何から行えばよいですか?

「公共工事電子入札システム」ホームページ(http://www.pewf.toyama.jp/sections/1500/d-index1.html)の「■ダウンロード(操作マニュアル等)」にある、「事前準備マニュアル」を参照して以下の準備を行ってください。

  1. インターネット接続、パソコン、ICカード、ICカードリーダの準備。
  2. ICカード、電子入札専用ソフトのインストール。
  3. java.policyの設定。
  4. 「安全な通信を行うための証明書」の設定。
  5. 暗証番号届(電子申請)。
  6. 利用者登録(電子入札システム)。

A2 他の団体(国土交通省等)の電子入札に使用しているパソコンで、富山県の電子入札に参加できますか?

パソコンは、国土交通省など電子入札コアシステムを採用している団体に対して共用することができます。
ただし、以下の点に留意してください。

  • 富山県のjava.policyの設定後、電子入札システムでの利用者登録が必要となります。
  • 1台のパソコンに複数の認証局のICカードをインストールすることはできません。
  • 複数のブラウザを同時に起動して複数の発注機関へ接続することはできません。

A3 電子申請で富山県入札参加資格審査申請を行ったパソコンで電子入札に参加できますか?

参加可能です。
「事前準備マニュアル」の以下の手順を実施してください。

  1. 「2.ICカードのセットアップ」を行ってください。
    ICカード、ICカードリーダはセットアップ済みなので、電子入札対応ソフトのセットアップを行ってください。
    認証局が推奨するバージョンと異なる場合は、JREの削除(アンインストール)と推奨されているバージョンのインストールを行ってください。
  2. 「3.java.policyファイルの設定」を行ってください。
    富山県の電子入札システムのURLを設定してください。
    詳細は各ICカードの認証局に確認ください。
  3. 1.、2.を行った後、利用者登録を実施してください。

A4 使用するパソコンのドメインやユーザ名に制限はありますか?

使用するパソコンのOSがWindows2000 ProfessionalやWindows XPの場合は、半角のドメイン名やユーザ名が必要です。
日本語のドメインやユーザ名などが全角では、電子入札システム画面上の中央にある時刻表示欄が「アプレット読み込み中」のままで、時刻表示されず、システムにログインできません。

A5 使用するパソコンは設定変更が必要ですか?

  1. 事前準備マニュアルや移行の手引きを参照して下さい。
    ICカードに関連する設定については、ICカードを取得した認証局へお問い合わせください。
  2. ポップアップブロック機能付きのツールバーの削除・無効化
    ポップアップブロック機能を持つツールバーがインストールされている可能性があります。
    現在、確認できているポップアップブロック機能付きのツールバーには、次のものがあります。
    • Yahoo! ツールバー
    • msn ツールバー
    • Google ツールバー
    • goo ツールバー
  • (1)使用しているツールバーの確認方法
    1. IEの「表示」メニューの「ツールバー」を選択する。
    2. 現在インストールされているツールバーの一覧が表示される。
      その中の、左にチェックマークが付いているものが、有効になっているツールバーです。
  • (2)解除方法
    • Yahoo! ツールバーの場合
      1. 検索窓の右にあるポップアップブロッカーアイコンをクリックする。
      2. 表示されたメニューの[ポップアップブロックを使う]のチェックを解除する。
    • Google ツールバーの場合
      1. 検索窓の右にある[オプション]をクリックする。
      2. 表示された中の[アクセサリ]の[ポップアップブロッカー]のチェックを解除する。

A6 java.policyの設定はどうすればよいですか?

手順は認証局から提供されます。
ICカードを取得した認証局へお問合せください。

A7 暗証番号届はどうすればよいですか?

暗証番号届は電子申請で行います。
暗証番号届の電子申請は、県のホームページの「電子申請・届出サービス」(https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/toyama/)からできます。
電子申請にあたっては、「電子申請・届出サービス」に「電子申請の手引き(工事)」が掲載してありますので参照してください。

B. ICカードに関する質問

B1 ICカードはどうやって取得するのですか?

電子入札コアシステム対応の認証局から取得してください。
詳細は、以下のURLを参照ください。http://www.cals.jacic.or.jp/coreconso/index.htm(電子入札コアシステム(JACIC))(外部サイトへリンク)

B2 ICカードの名義は誰になりますか?

受任者がいない場合といる場合で異なります。

  • 受任者がいない場合:代表者名義のICカードを準備してください。
  • 受任者がいる場合:受任者名義のICカードを準備してください。

※ 受任者とは
県外業者で代表者から入札・見積権限及び契約権限について委任を受けた場合の委任先の代表者。

B3 取得したICカードはいつまで使用できますか?

ICカードには、有効期限があります。
ICカードの取得には時間がかかりますので、有効期限が切れる前に早めの更新手続を行ってください。
ICカードを更新した場合は、利用者登録の「ICカード更新」を行ってください。
なお、ICカードの有効期限後に開札のある案件の入札を行うと、入札書は無効になりますのでご注意ください。

B4 代表者の名前が旧字体であり、ICカードは旧字体で発行されます。富山県の入札参加資格は常用漢字で登録されていますが、有効なICカードとして認められますか?

有効です。
なお、利用者登録での「商号又は名称」の入力では、富山県の入札参加資格と同じ状態で入力してください。

B5 市町村合併で市町村名等が変わりましたが、新しいICカードは必要ですか?

市町村合併などの行政側の事由による住所表記の変更があった場合には、それ以前に発行されたICカードは、そのカードの有効期限内は有効として取扱います。
このため、ICカードの失効・新規発行の手続は必要ありません。
なお、利用者登録の変更の操作も必要ありません。

B6 代表者(または受任者)が変わりましたが、ICカードも変更が必要ですか?

入札参加資格の変更手続きと併せて、新代表者(または受任者)名義のICカードで利用者登録の「登録」を行う必要があります。暗証番号はそのまま使用できます。
ICカードの取得は認証局によって異なりますが、1ヶ月は必要と考えられますので、早急に取得申請される事をお勧めします。
なお、代表者(または受任者)が変更となっているにもかかわらず、変更前の代表者(または受任者)の名義のICカードで入札された場合には、無効となる場合があります。

B7 ICカードの予備を準備しておきたいのですが、複数のICカードを電子入札システムで利用することができますか?

複数枚のICカードを電子入札システムで利用することは可能です。
ICカードは1枚でも電子入札に対応可能ですが、紛失、破損等に備えて、予備のカードを購入されることを推奨します。
なお、必ずそれぞれのカードで利用者登録を行ってください。暗証番号は1枚目のICカードで申請した番号を使用しますので、2枚目以降は利用者登録から始めてください。
ただし、ICカードの認証局が異なる場合は、使用パソコンを替えていただく必要があります。

B8 物品でも電子入札を行う場合には、ICカードは別に必要ですか?

工事と物品の電子入札では、同じICカードは使用できません。

C. 利用者登録に関する質問

C1 利用者登録はいつ行えばよいですか?

富山県電子入札システムの稼動時間帯であれば、いつでも可能です。
電子申請で暗証番号届を行った後、富山県から「受付終了通知」メールが届くと、利用者登録で暗証番号が利用可能となり ます。
暗証番号届を行って、1週間以内にメールがない場合は、ご連絡ください。
なお、土木部、農林水産部及び企業局発注の工事・委託案件は電子入札を全面実施しているため、利用者登録済みでないと参加できません。

C2 富山県入札参加資格審査申請を電子申請で行いましたが、利用者登録は必要ですか?

利用者登録が必要です。
入札参加資格審査申請時の暗証番号届はそのまま使用できます。
ただし、受任者がいる場合は受任者名義のICカードで利用者登録を行う必要があります。

C3 利用者登録の資格審査情報検索画面で入力する「登録番号」「商号又は名称」「暗証番号」は何ですか?

「登録番号」
8桁の半角数字です。
「商号又は名称」
富山県入札参加資格者名簿に登載されている内容と同じ状態を入力します。
「(株)」や「(有)」などは全角3文字で入力してください。
「暗証番号」
暗証番号届で届け出た6桁の半角英数字です。
なお暗証番号の照会はできません。

C4 暗証番号を忘れてしまったのですが、どうすればよいですか?

再度、電子申請で暗証番号届を行ってください。
その際の暗証番号届には、現在の暗証番号は不要です。富山県から「受付終了通知」メールが届けば、新しい暗証番号が使用可能です。

C5 利用者登録での「代表窓口情報」と「ICカード利用部署情報」の連絡先メールアドレスの違いは何ですか?

  • 「代表窓口情報」の連絡先メールアドレス
    県から指名通知や見積依頼があったことをお知らせするメールの送信先です。
  • 「ICカード利用部署情報」の連絡先メールアドレス
    利用者登録完了や、入札書締切・落札決定通知等があったことをお知らせするメールの送信先です。
    企業情報や代表窓口情報と同じでもかまいません。
    ICカードごとに設定することもできますが、同一の情報を入力しても構いません。

C6 会社内に電子入札を専属で行う部署がない場合は、利用者登録の「企業情報」や「ICカード利用部署情報」の部署名に何を入力すればよいですか?

該当する部署がない場合は、「利用部署」と入力してください。
既に他の文言(なし、営業等)を入力されている場合でも、変更の必要はありません。

C7 利用者登録で入力したメールアドレスが間違っていましたが、どうすればよいですか?

D8の手順に従い、利用者登録の「変更」で、正しいメールアドレスを入力してください。

C8 利用者登録が完了したかどうかを確認できますか?

電子入札システムにログインすることができれば、登録が完了しています。
また、利用者登録の完了後には登録した電子メールアドレスあてに登録完了のメールが届きます。
ただし、2、3日してもメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが想定されますので、D7の手順で設定内容を確認し、訂正してください。

C9 「利用者登録」メニューの「登録」「変更」「ICカード更新」の各ボタンの違いはのですか?

「登録」
富山県の電子入札システムに未登録のICカードを利用者登録する場合に使用します。
「変更」
既に利用者登録済みのICカードにある情報(名義・商号又は名称・住所)以外の情報を変更する場合に使用します。
「ICカード更新」
既に利用者登録済みのICカードの更新(有効期限到来)に伴って、旧カードから新カードに切り替える場合に使用しま す。

「ICカード更新」を行うと旧カードは使用できなくなり、新カードのみ使用できます。
なお、次に該当する場合は「ICカード更新」ではできませんので、「登録」ボタンを使用ください。

  • 旧カードが既に失効している場合や破損等で使用できない場合
  • 新旧のカードの名義人・商号・住所が異なる場合

C10 代表者(所在地、商号)を変更したのですが、利用者登録画面の「企業情報」に旧代表者(旧所在地、旧商号)が表示されています。

富山県に「入札参加資格審査申請変更届」を提出しているか確認してください。提出済みの場合は、そのまま利用者登録を進めていただいて問題ありません。
未提出の場合は、早急に変更届を提出してください。
なお、変更届の提出後、「利用者登録」画面の「企業情報」が修正されるのにしばらく時間がかかることがありますので、ご了承ください。

C12 利用者登録は行ったのですが、新しくパソコンを購入しそちらで電子入札を行う予定です。新たに利用者登録を行う必要がありますか?

新しいパソコンで再度、利用者登録する必要はありません。
ただし、新たに取得されたパソコンには電子入札システムに関わる部分を再度、設定する必要があります。A1の手順「1.インターネット接続環境の準備」後に、2.~4.を行ってください。

D. 入札書提出までの質問

D1 入札書の提出はどうするのですか?

「電子入札マニュアル」を参考に操作してください。
マニュアル等は、「公共工事 電子入札システム」ホームページ(http://www.pref.toyama.jp/sections/1500/d-index1.html)の「■ダウンロード(操作マニュアル等)」からダウンロードできます。

D2 指名通知書はどのようにして確認するのですか?

指名通知書は電子入札システムにログインし、以下の手順で確認してください。

  1. 電子入札システムに入ると「調達案件検索」画面が表示される。
  2. 入札方式や発注部局等の検索条件を設定後、画面左にある「調達案件一覧」をクリックする。
  3. 検索条件に合致する指名された案件が表示される。
    条件設定が間違っていると、案件は表示されません。
  4. 指名案件の通知書欄の「表示」ボタンをクリックすると、指名通知書が表示される。

また、指名通知書の発行時に、補助手段として指名業者へ利用者登録時に指定した電子メールアドレスへ指名された旨のメールが送信されます。

D3 指名通知書を確認しましたが、この後、何をすればよいですか?

以下の手順により電子入札システムで受領確認書の提出をします。
入札参加意思の有無に関らず提出してください。

  1. 指名された案件の提出欄の「提出」をクリックする。
  2. 「受領確認書」画面が表示されるので「提出」をクリックする。
  3. 「受領確認書」が受信されると「受領確認書受信確認通知」が表示される。

提出後は「受領確認書」の提出欄の「提出」ボタンが「表示」に変わっています。
これで、指名通知書への対応は完了ですので、入札書受付開始日時までお待ちください。
なお、公募型指名競争入札の場合は「受領確認書」の提出は不要です。

D4 見積依頼書を確認しましたが、この後、何をすればよいですか?

以下の手順により、電子入札システムで「提出意思確認書」の提出をします。
見積書提出意思の有無に関らず、必ず提出してください。

  1. 見積依頼された案件の提出欄の「提出」をクリックする。
  2. 「提出意思確認書」画面が表示されるので、意思の有無を選択後に「提出」をクリックする。
  3. 「提出意思確認書」が発注所属で確認すると、「提出意思確認書受付票」が発行される。
    「提出意思確認受付票」が発行されるまでには、時間がかかる場合もあります。

これで、見積依頼書への対応は完了ですので、見積書受付開始日時までお待ちください。
なお、「提出意思確認書」を提出できる期間が見積依頼に記載されていますが、その期間を過ぎると提出できなくなりますのでご注意ください。

D5 見積依頼書を確認し「提出意思確認書」を提出しましたが、「再提出」のボタンが出ます。

提出された「提出意思確認書」の「ある」「なし」に変更がなければ、再度、提出の必要はありません。
そのままで、見積書受付開始日時までお待ちください。

D6 公募型指名競争入札での応募書の提出が正常に完了したか不安です。

応募書の提出後は「公募型指名競争入札応募」の提出欄の「提出」ボタンが「表示」に変わります。
「受付票」は、発注所属で受付作業が終了すると発行され「表示」ボタンがでます。案件によっては受付作業に時間がかかる場合があり、なかなか「受付票」が発行されないこともありますが、ご了承ください。

D7 指名通知書や入札公告情報の内容については、どこに問い合わせればよいですか?

発注所属または、指名通知書の右上に記載されている課・事務所等にお問合せください。

D8 発注者からの電子メールが届かないのですが、どうすればよいですか?

指名通知発行のお知らせ等のメールは利用者登録で入力されたメールアドレスあてに発信されます。入力されたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、以下の方法で確認・訂正してください。

  1. 利用者登録したICカードで電子入札システムへログインする。
  2. 「工事、業務」を選択後、「利用者登録」を選択する。
  3. 「変更」を選択する。
  4. 「PIN番号入力画面」が表示されるので、PIN番号を入力する。
  5. 登録内容が表示される。
    誤っている場合には訂正し、「変更」をクリックする。
    しばらく後に、変更後のメールアドレスに利用者登録情報更新メールが届く。

D9 電子入札の案件に、紙入札で参加することはできますか?

富山県では電子入札案件については、紙での入札を認めていません。
ただし、やむを得ない事由がある場合には、「紙入札承諾願」を提出していただき、紙で参加していただくことが可能です。

D10 代表者(受任者)の変更に伴う新たなICカードの取得が入札期間に間に合いませんが、どうすればよいですか?

紙での入札を認める場合がありますので、該当案件をを発注する課・事務所等へご相談ください。

D11 内訳書の提出は、どうすればよいですか?

内訳書の提出が必要な案件は、原則として案件ごとに様式を作成し指名業者の方々に入札情報サービスシステムの「ファイルのダウンロード」で提供いたします。
提出にあたっては、「入札書提出」画面にある「内訳書追加」ボタンをクリックし、作成された電子ファイルを添付してください

E. 入札書提出以降の質問

E1 ICカードの有効期限が開札までに切れてしまう場合は、どうすればよいですか?

開札日時までに有効期間が切れてしまうICカードで入札書を提出することはできません。
提出されても、入札は無効の取扱いになります。
このため、ICカードは、有効期限が切れる前に余裕を持って更新してください。

E2 入札書を提出後、その内容を訂正することができますか?

訂正はできません。
ただし、間違った金額を入力し落札決定されてしまうと困るといった場合には、該当案件を発注する課・事務所に連絡してください。

E3 入札書に入力した金額を、入札書提出後に確認することができますか?

提出後は、提出した本人であっても金額等の内容の照会はできません。入札書は開札日時まで暗号化され、発注者にも受注者にも内容を見ることができない状態となります。
なお、入札書の提出時には入札書を印刷することができます。

E4 入札書の提出が正常に完了したか不安です。

電子入札システムでは、入札書を受信すると「受信確認通知」を表示します。
「受信確認通知」が表示されれば、入札書の提出は正常に完了しています。
また入札書が提出されると、入札欄の「提出」ボタンが消え、辞退申請欄に「再提出」ボタンが表示されます。
なお辞退申請欄の「再提出」ボタンは使用しないでください。

E5 入札書の提出をしたいのですが、画面に「入札書提出」ボタンが表示されません。

以下の2点の可能性があります。

  1. 入札書提出の時間になっていない可能性があります。
    入札書は、指名通知書に記載されている入札書受付開始日時から受付締切日時までの期間のシステム運用時間内に提出します。
    入札書受付期間内でないと「入札状況一覧」画面に「入札書提出」ボタンは表示されません。
    また、これらの時間は、電子入札システムで画面上部中央に表示されている時刻です。
    なお、入札書の提出が終了すると「入札書提出」ボタンは消えます。
  2. 「入札状況一覧」画面ではなく、「調達案件一覧」画面を開いている可能性があります。
    指通知書の確認は「調達案件一覧」画面で行いますが、入札書の提出は「入札状況一覧」画面で行ってください。

E6 辞退は可能ですか?

入札書が未提出で入札書受付締切時間前であれば、電子入札システムで辞退届を提出することができます。

E7 開札はいつ行いますか?

開札日時は指名通知書に記載されていますので、ご確認ください。
また、再入札の場合は通知が発行されますが、原則として初回開札日の翌開庁日に開札を執行します。

E8 複数の案件の開札時刻が重なった場合、同一パソコンや同一ICカードによる操作を行っても大丈夫ですか?

複数の案件が同時に開札になった場合でも、入札書提出は案件ごとに一定の時間幅が設けられます。
このため、順に入札書提出を行ってください。
また「落札者決定通知」は案件ごとに表示されますので、順に確認していけば問題ありません。

E9 開札時刻になっても落札者決定通知が表示されませんが、開札中の状況を知ることはできますか?

「調達案件一覧」の状況欄にある「表示」ボタンをクリックすることにより、当該案件の状況が表示されます。

E10 同価の場合はどうなるのですか?

同価格の入札については電子入札システムにより、電子くじを行います。
このくじでは、調達案件番号、業者番号や入札金額等から生成する文字列に特殊な演算を施して落札者を決定します。

F. その他の質問

F1 広域的停電などの障害が発生し、入札が間に合わない場合はどうなりますか?

障害の内容と復旧の可否について調査・確認を行い、入札書受付締切予定時間の延長を行うことがあります。

F2 入札情報サービスシステムで、「入札公告情報」などのトップページを保存することはできますか?

保存できないように制御されています。
「Ctrl」+「P」の画面印刷機能で対応しください。

F3 入札情報サービスシステムで「発注予定情報」や「入札公告情報」のダウンロードができません。

ポップアップブロックの許可設定を行わないとダウンロードできません。
A5を参照の上、設定を確認してください。

F4 電子入札システムに入ると、「このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。保護されていない項目を表示しますか?」と出るのですが、「はい」をクリックしてよいですか?

全ての利用者に同じメッセージが表示されます。問題ありませんので、「はい」を選択してください。

G. 操作中のエラー表示等に関する質問

G1 電子入札システム操作中にアルファベットと数字でエラーが表示されます。

操作中に表示されるエラーは、エラーコード末尾の5桁の数字によって原因が判別できる場合があります。
主なエラーコードとその原因・対応については次のとおりです。

G1-1 「APPLET-CRITICAL-01400205-10048 画面操作時にエラーが発生しまし た。再度同じ操作をしてください」

  1. 事前準備マニュアルや移行の手引きに記載している、信頼済みサイトの登録に誤りがないか確認して下さい。
  2. ポップアップブロック機能付きのツールバーの削除・無効化
    ポップアップブロック機能を持つツールバーがインストールされている可能性があります。
    現在、確認できているポップアップブロック機能付きのツールバーには、次のものがあります。
    • Yahoo! ツールバー
    • msn ツールバー
    • Google ツールバー
    • goo ツールバー
  • (1)使用しているツールバーの確認方法
    1. IEの[表示]メニューの[ツールバー]を選択する。
    2. 現在インストールされているツールバーの一覧が表示される。
      その中の、左にチェックマークが付いているものが、有効になっているツールバーです。
  • (2)解除方法
    • Yahoo! ツールバーの場合
      1. 検索窓の右にあるポップアップブロッカーアイコンをクリックする。
      2. 表示されたメニューの[ポップアップブロックを使う]のチェックを解除する。
    • Google ツールバーの場合
      1. 検索窓の右にある[オプション]をクリックする。
      2. 表示された中の[アクセサリ]の[ポップアップブロッカー]のチェックを解除する。

G1-2 「APPLET-CRITICAL-00103101-10048 画面操作時にエラーが発生しました。再度同じ操作をしてください」

処理の途中でマウスのボタンを2回クリックした可能性があります。
時間がかかる処理もありますので、確実に画面が表示されてから次の操作を行ってください。

G1-3 「APPLET-CRITICAL-00101902-19999 実行エラーが発生しました」

java.policyファイルの設定が正しく行われていない可能性があります。
国土交通省などで電子入札をされている場合でも、富山県の電子入札に参加するためには、富山県固有の設定が必要です。
G2-1の「1.」を参照のうえ、富山県の正しいURLが設定されているか(特にhttpsか)設定内容を確認し、ブラウザを立上げ直して、再度、実施してください。

G1-4 「APPLET-CRITICAL-00103101-03001 デバイスが使用できません」

  • ICカードまたはICカードリーダの接続不良が考えられます。
    カードリーダの接続を確認し、確実にICカードをカードリーダに差し込み直して、再度、操作を行ってください。
  • ICカード関連ソフトウェアのインストール不備が考えられます。
    ICカードリーダ及びICカードのドライバを削除して、再インストール後、操作を行ってください。
    ドライバの削除、インストール手順は認証局のマニュアルを参照してください

G1-5 「APPLET-CRITICAL-00103101-03002 ログインに失敗しました」

ICカードのPIN番号の入力間違いをされている可能性があります。

G2 時刻表示がされません。

時刻表示に関する主なエラーとその原因・対応については次のとおりです。

G2-1 「Javaアプレット読み込み中」と表示されたままで時刻表示がされません。

以下の3点の可能性が考えられます。

  1. java.policyファイルの設定が正しく行われていない可能性があります。
    登録頂くjava.policyは「https://ebid.icals.jp/」です。
  2. JREのバージョンが認証局推奨のバージョンではない可能性があります。
    以下の手順でバージョンを確認してください。
    1. 画面左下の[スタート]をクリックする。
    2. [設定]→[コントロールパネル]と進む。
    3. [コントロールパネル]の中に[java.Plug-in・・・]があるので、「・・・」の数字を確認する。
      認証局によって異なりますが、1.3.1_06又は、1.3.1_09が多く使用されています。
      一致していない場合は、一旦、削除(アンインストール)し、認証局指定のバージョンをインストールしてください。
      確認後、ブラウザを立上げ直して、電子入札システムにログインしてください。
  3. 電子入札対応ソフトウェアのインストールに不備がある可能性があります。
    認証局のインストールマニュアルに従って、ソフトウェアを削除後、再度、インストールしてください。

1~3については、ICカード発行会社にお問い合わせください。

G2-2 「Javaが有効ではありません」と表示され時刻表示がされません。

  • お使いのブラウザがインターネットエクスプローラーの場合
    1. 画面上の[ツール]から[インターネットオプション]→[詳細設定]と進む。
    2. Java(Sun)にチェックがされているか確認する。
      チェックがなされていない場合は、チェックをし、パソコンを再起動してください。
  • お使いのブラウザがネットスケープの場合
    1. 画面上の[編集]から[設定]→[詳細]と進む。
    2. 「Javaを有効にする」がチェックされているか確認する。
      チェックがされていない場合は、チェックをし、パソコンを再起動してください。

G2-3 「利用者登録」を開いた後に「電子入札システム」を開くと時刻表示されません。

「利用者登録」または「電子入札システム」のどちらかを選択して画面を開き、その画面のみを「×」で閉じた後に、「電子入札システム」又は「利用者登録」を選んだ場合は時刻表示がされず進めません。
「利用者登録」を選択した場合には、ブラウザを立ち上げ直してから、電子入札システムを選択してくださ

G3 「通信中ダイアログ」が長時間消えず進めません。

次の手順でキャッシュのクリアを行ってください。

  1. 画面左下の[スタート]をクリックする。
  2. [設定]→[コントロールパネル]と進む。
  3. [コントロールパネル]の中の[・・・]をダブルクリックする。
  4. Java Plug-inコントロールパネル画面が表示される。
  5. [キャッシュ]をクリックし、[クリア]をクリックする。
  6. Java Plug-inコントロールパネル画面の右上の「×」で画面を閉じる。
  7. インターネットエクスプローラーを起動する。
  8. 画面上の[ツール]の[インターネットオプション]を選択する。
  9. インターネットオプション画面が表示される。
  10. [全般]の下欄の履歴のクリアをクリックする。
  11. 削除しますか?と聞いてくるので、OKする。
  12. インターネットオプション画面の[全般]の中欄の[設定]をクリックする。
  13. 設定画面が表示される。
  14. [保存しているページの新しいバージョンの確認]が[ページを表示するごとに確認する]に設定されているか確認する。
  15. 設定されていなければ、設定する。
  16. 設定画面を「OK]又は右上の「×」で閉じる。
  17. インターネットオプション画面を右上の「×」で閉じる。
  18. インターネットエクスプローラーを右上の「×」で閉じ、終了させる。

この操作後、インターネットエクスプローラーを再起動し、電子入札システムに進んでください。
なお、この操作後は電子入札システムの起動に少し時間がかかります。

G4 利用者登録の「資格審査情報検索」画面で、「登録番号」「商号又は名称」「暗証番号」についてエラーが表示されます。

「登録番号」「商号又は名称」「暗証番号」の全てが正しく入力されていない場合にエラーが表示されます。

 

  • 「登録番号」に係るエラー
    「登録番号」は、業者番号の先頭に「05」または「08」を付けた8桁の半角数字です。
    「業者番号」は、富山県の入札参加資格を取得されたときに付与された番号です。
    <登録番号は8桁で入力してください。>とエラー表示されます。
    → 入力された桁数が違う場合に表示されます。
    <資格審査情報に登録されていません。>とエラー表示されます。
    → 8桁で入力されているが間違っている場合に表示されます。
  • 「商号又は名称」に係るエラー
    「商号又は名称」は、富山県入札参加資格者名簿に登載されている状態と同じものを入力します。
    株式会社は「(株)」、有限会社は「(有)」、全角3文字で入力してください。
    工事の資格を持つ業者については、「登録番号」「商号または名称」は、入札情報サービスシステムの入札参加資格者情報から検索できます。
    <資格審査情報に登録されている商号又は名称を入力してください。>とエラー表示されます。
    → 名簿に登録されている「商号又は名称」の状態と違っている場合に表示されます。
  • 「暗証番号」に係るエラー
    「暗証番号」は、暗証番号届で届け出た6桁の半角英数字です。
    <暗証番号は6桁で入力してください。>とエラー表示されます。
    → 入力された桁数が違う場合に表示されます。
    <資格審査情報に登録されている暗証番号を入力してください。>とエラー表示されます。
    → 以下の2つの場合に表示されます。
    • 届け出られた番号と違う場合
    • 県から「受付終了通知」メールが届いていない場合

 

なお、暗証番号の照会はできませんので、忘れてしまった場合は、再度、暗証番号届を行ってください。

G5 指名通知の電子メールが届いたのですが、電子入札システムに指名された案件が表示されません。

「調達案件検索」画面での、検索条件の設定が間違っている可能性があります。
指名通知書は電子入札システムにログインし、以下の手順で確認してください。

  1. 電子入札システムに入ると「調達案件検索」画面が表示される。
  2. 入札方式や発注部局等の検索条件を設定後、画面左にある「調達案件一覧」をクリックする。
  3. 検索条件に合致する指名された案件が表示される。
    ここで条件設定が間違っていると、案件は表示されません。
  4. 指名案件の通知書欄の「表示」ボタンをクリックすると、指名通知書が表示される。

また、指名通知書の発行時に、補助手段として指名業者へ利用者登録時に指定した電子メールアドレスへ指名された旨のメールが送信されます。

G6 入札情報サービスシステムで「発注予定情報」や「入札公告情報」のダウンロードができません。

ポップアップブロックの許可設定を行わないとダウンロードできません。
G1-1の「3.ポップアップブロックの許可設定」を参照の上、設定を確認してください。

G7 入札書を提出したいのですが、画面に「入札書提出」ボタンが表示されません。

(E5再掲)

  • 入札書提出の時間になっていない可能性があります。
    入札書は、指名通知書に記載されている入札書受付開始日時から入札書受付締切日時までの期間でシステム運用時間内に提出します。
    入札書受付開始日時を過ぎないと、「入札書提出」ボタンは表示されません。
    また、これらの基準となる時間は、電子入札システムの画面上部中央に表示される時刻です。
    なお、入札書の提出が終了すると「入札書提出」ボタンは消えます。
  • 「入札状況一覧」画面ではなく、「調達案件一覧」画面を開いている可能性があります。
    指名通知書の確認は「調達案件一覧」画面で行いますが、入札書の提出は「入札状況一覧」画面で行ってください。

お問い合わせ

所属課室:出納局総務会計課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館1階

電話番号:076-444-3423、4545、4547

ファックス番号:076-444-3964

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?