トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 10月 > 高志の国文学館 大伴家持文学賞コーナーの展示替えについて

更新日:2021年10月14日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

高志の国文学館 大伴家持文学賞コーナーの展示替えについて

発表日 2021年10月14日(木曜日)

富山県では、大伴家持の生誕1300年を記念して、2017年に世界の優れた詩人の業績を顕彰する「大伴家持文学賞」を創設し、これまでにマイケル・ロングリー氏(第1回受賞者、北アイルランド)、北島(ペイタオ)氏(第2回受賞者、中国出身)がそれぞれ受賞しました。

このたび、高志の国文学館エントランスの文学賞コーナーに、北島氏の関連資料を追加しましたので、ご案内します。

概要

1.場所

高志の国文学館 エントランスロビー(無料スペース)

2.展示内容

  • 北島氏業績紹介パネル
  • 北島氏受賞のあいさつ・詩の朗読 映像
  • 大伴家持文学賞メダル(レプリカ)

3.その他

  • ライブラリー(無料スペース)には、北島氏と、第2回高志の国詩歌賞受賞者 笠木拓氏の作品をお読みいただけるコーナーも設けております。ぜひご覧ください。
  • 北島氏の受賞のあいさつ及び詩の朗読の映像は、高志の国文学館のYoutubeでもご覧いただけます。(URL:https://youtu.be/wMYzX6sfZ2c

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

生活環境文化部 高志の国文学館

076-431-5492

森田、林