トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 7月 > 「高校生のための令和万葉教室」を開催します

更新日:2021年7月12日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

「高校生のための令和万葉教室」を開催します

発表日 2021年7月12日(月曜日)

県内の高校生に対して大伴家持・越中万葉の魅力の普及啓発を行うため、平成27年度から『万葉集』の研究を専門とする大学教授等が講師となり、大伴家持・越中万葉に関する講演を行ってきました。

今年度は全6回(県立高校5校、私立高校1校)の実施を予定しており、今年度最初となる講演を7月15日(木曜日)に高岡第一高校及び高岡西高校の2校で開催することとなりましたので、お知らせします。

1.実施校

(1)高岡第一高等学校

  1. 日時:令和3年7月15日(木曜日)10時50分~11時40分
  2. 会場:高岡第一高等学校(高岡市本郷2-1-1)
  3. 受講生:同校普通科特別進学コース1・2学年(約40名)
  4. 講師:上野誠氏(國學院大學文学部日本文学科教授(特別専任))
  5. 演題:「令和を生きる」

(2)高岡西高等学校

  1. 日時:令和3年7月15日(木曜日)14時00分~14時50分
  2. 会場:高岡西高等学校(高岡市横田町3-4-1)(※)講師はオンライン(Zoom)で講演
  3. 受講生:同校普通科3学年(約20名)
  4. 講師:品田悦一氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)
  5. 演題:「万葉歌に刻まれた世界史の一齣――勝興寺の歌碑が伝える日中開戦――」

2.今後の実施予定校(時期調整中)

  1. 入善高等学校
  2. 中央農業高等学校
  3. 富山北部高等学校
  4. 小杉高等学校

3.参考(「高校生のための令和万葉教室」事業の趣旨・経緯等)

平成30年(2018年)が大伴家持生誕1300年にあたることを記念して、県内の高校生に対する大伴家持・越中万葉の普及啓発を行うため、平成27年度から万葉集の研究者等が講師となり県内の高校で講演を開催。

当初は、「高校生のための平成万葉塾」として開催しており、令和元年度から「高校生のための令和万葉塾」として名称を改め、また、令和3年度からは「高校生のための令和万葉教室」として実施。

これまでに延べ26校、約4,310名が受講。

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

生活環境文化部 高志の国文学館

076-431-5492

永井、谷口