トップページ > 魅力・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 富山県[立山博物館] > 【立山博物館】前期特別企画展「いざ、立山へ!―鉄道にみる立山観光―」

更新日:2022年7月17日

ここから本文です。

前期特別企画展
いざ、立山へ!―鉄道にみる立山観光―

立山黒部アルペンルートに代表される立山の観光開発は、昭和27年(1952)の富山県総合開発計画により本格的に始まりました。そして、昭和29年8月13日には立山ケーブルが開通します。その後、室堂までの道路建設や、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルの開通を経て、昭和46年6月1日には富山県側の立山駅から長野県側の扇沢駅に至る全線が開通しました。また、前年の昭和45年には、大阪からの急行立山が、名古屋からの急行むろどうと名古屋鉄道の急行北アルプスが富山地方鉄道立山駅まで乗り入れています。
本展では、標高2,450メートルの雲上へと人々を誘うアルペンルートを中心に、主に戦後の立山観光と立山への旅客輸送に活躍した鉄道の軌跡をたどります。

チラシをご覧いただけます(PDF:7,261KB)(別ウィンドウで開きます)

【ご観覧の方へのお願い】

  • 「企画展担当学芸員による展示解説会」への参加を希望される場合は整理券が必要です、あらかじめ参加方法をご確認ください
  • 行事開催中は、企画展示室への入室を整理券をお持ちの方に限らせていただきます。恐れ入りますが、観覧ご希望の方は行事終了前か終了後にご観覧ください。

 

 

開催概要

会場

富山県[立山博物館]展示館1階企画展示室

会期

令和4年(2022)7月16日(土曜日)から9月4日(日曜日)まで

会期中の休館日

月曜日(ただし、7月18日、8月15日は開館)

臨時休館

7月15日(金曜日)
(特別企画展開催準備作業のため、全施設休館します)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般=200円(160円)
大学生=100円(80円)
高校生以下=無料

  • カッコ内は20人以上の団体料金です。
  • 常設展(展示館2階及び3階)は別途観覧料が必要です(70歳以上と大学生以下を除く)。
    料金の詳細をご覧いただけます(別ウィンドウで開きます)
  • 手帳をお持ちの障がい者の方は付添の方1人まで無料です。
  • 学校教育・社会教育で利用する児童・生徒の引率者は申請により無料となります。

主催等

主催:

富山県[立山博物館]

共催:

北日本新聞社

後援:

北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ放送、

NHK富山放送局、Net3

関連イベント

  • 参加に整理券が必要なものがあります。各項目をご確認ください。
  • 内容等は事情により変更または中止する場合があります。詳細はホームページでご確認いただくか当館までお問い合わせください。

企画展担当学芸員による展示解説会

7月16日(土曜日)、8月13日(土曜日)、8月27日(土曜日)
いずれも午後2時から
企画展示室にて

関連リンク

詳細ページへ

 

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部立山博物館 

〒930-1406 中新川郡立山町芦峅寺93-1 

電話番号:076-481-1216

ファックス番号:076-481-1144

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?