トップページ > 開館30周年記念・前期特別企画展「立山信仰と山麓のくらし―国指定重要有形民俗文化財「立山信仰」の世界―」

更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

開館30周年記念・前期特別企画展
立山信仰と山麓のくらし
―国指定重要有形民俗文化財「立山信仰」の世界―

昭和45年に、立山芦峅寺集落の〈立山信仰関係用具及び山樵関係用具〉1,083点が「立山信仰用具」として重要民俗資料(現在の重要有形民俗文化財)の指定をうけました。

そして、令和2年3月、岩峅寺集落の宿坊である延命院・多賀坊・中道坊に遺されていた民俗資料を中心に、芦峅寺集落の旧宿坊家に遺されていた特徴ある資料もあわせて、新たに160点が国の重要有形民俗文化財「立山信仰用具」に追加指定されました。これにより、総数が1,243点となりました。

この資料群の中から厳選し、立山信仰の特徴と魅力が楽しめる「立山信仰用具」の世界を紹介するとともに、諸国の立山登拝者の様子や立山山麓のかつての宿坊景観、生活文化などをわかりやすく紹介します。

チラシをご覧いただけます(PDF:6,461KB)(別ウィンドウで開きます)

開催概要

会場

富山県[立山博物館]展示館1階企画展示室

会期

令和3年(2021)7月17日(土曜日)から8月29日(日曜日)まで

会期中の休館日

7月26日(月曜日)、8月2日(月曜日)

臨時休館

7月16日(金曜日)、8月31日(火曜日)、9月1日(水曜日)
(特別企画展開催準備作業及び撤収作業のため、全施設休館します)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般=200円(160円)
大学生=100円(80円)
高校生以下=無料

  • カッコ内は20人以上の団体料金です。
  • 常設展(展示館2階及び3階)は別途観覧料が必要です(70歳以上と大学生以下を除く)。
    料金の詳細をご覧いただけます(別ウィンドウで開きます)
  • 手帳をお持ちの障がい者の方は付添の方1人まで無料です。
  • 学校教育・社会教育で利用する児童・生徒の引率者は申請により無料となります。

主催等

主催:富山県[立山博物館]

共催:北日本新聞社

後援:北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ、NHK富山放送局、滑川中新川地区広域情報事務組合(Net3)

関連イベント

  • 内容等は事情により変更または中止する場合があります。詳細はホームページでご確認いただくか当館までお問い合わせください。

企画展担当学芸員による展示解説会

7月17日(土曜日)、8月9日(月曜日・振替休日)、8月28日(土曜日)
いずれも午後2時から
企画展示室にて

関連リンク

ギャラリートーク

8月1日(日曜日)
午後2時から3時まで
企画展示室にて
講師:加藤基樹氏
(かとうもとき)(文化庁民俗文化財調査官)

関連リンク

岩峅寺集落を歩こう

8月22日(日曜日)
午後1時から3時
集合場所:雄山神社前立社壇
(おやまじんじゃまえたてしゃだん)(岩峅寺)の大鳥居下

  • 事前申込不要/参加無料/小雨決行/中止の場合は当館ホームページ等でおしらせします

関連リンク

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部立山博物館 

〒930-1406 中新川郡立山町芦峅寺93-1 

電話番号:076-481-1216

ファックス番号:076-481-1144

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?