トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 8月 > 富山県美術館 第13回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2021「来場者が選ぶグランプリ」投票結果およびIPT2021ミュージアムガイド設置のお知らせ

更新日:2021年8月10日

ここから本文です。

富山県美術館-TAD Press ReleaseToyama Prefectural Museum of Art and Design

富山県美術館 第13回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2021「来場者が選ぶグランプリ」投票結果およびIPT2021ミュージアムガイド設置のお知らせ

発表日 2021年8月10日(火曜日)

富山県美術館にて現在開催中(~9月5日まで)の「第13回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2021(IPT2021)」の来場者による「来場者が選ぶグランプリ」の投票の結果を発表します。
投票は7月10日~8月1日まで実施し、総計181票の投票をいただきました。

また、IPT2021上位入賞作品の解説などが聞けるQRコード読み取り式のミュージアムガイドを設置しましたので、あわせてご案内いたします。

結果発表

No.1_victory 

第1位

《勝利》ファン・へ(中国)

第2位

《煩悩退散》若松萌太(日本)

第3位

《やきとり》松澤桂(日本)

第4位

《日本の女性2021》上田楠菜子(日本)

第5位

《おすし》小磯裕司(日本)

第6位(同率6位)

《よくたべ よくねて よくかんがえる》谷口広樹(日本)

《END RACISM》尾崎美穂(日本)

《Heaven and Hell》山口久美子(日本)

投票者コメント(抜粋)

第1位《勝利》ファン・へ(中国)

インパクトがあり、文字がないぶん想像力がかきたてられる作品。

第2位《煩悩退散》若松萌太(日本)

数ある煩悩の中から作者が退散させたい思いが、ビールや日本酒に注がれているという素直な気持ちにくすっと笑えたり、かわいいなと思えたり。自分にとってここまで渦巻く煩悩はなんだろうと考えたり、面白い作品だと思えました。

など。多数コメントもいただきました。

投票者プレゼント

投票にご参加いただいたすべての方の中から抽選で33名様に、下記のいずれかのプレゼントをおくります。

  • 富山県美術館内レストランまたはカフェのお食事券
  • IPT2021図録
  • 富山県美術館オリジナルグッズ
  • 次回企画展チケットなど

抽選結果の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

QRコードによるミュージアムガイドについて

会場内に設置されているQRコードを読み込むと、IPT2021についてや、グランプリや金賞など上位入賞作品の解説をお聞きいただけます。(解説はテキストでも表示されます)

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

生活環境文化部 富山県美術館

076-431-2711

広報について:川浦、企画展について:稲塚、碓井、望月

MAKE TOYAMA STYLE 富山県美術館アートデザイン