トップページ > イベントカレンダー > 令和3年度富山県環境科学センター研究成果発表会の開催について

更新日:2022年1月21日

ここから本文です。

令和3年度富山県環境科学センター研究成果発表会の開催について

gaikan

当センターでは、事業者や県民の皆様に環境保全への関心と理解を深めていただくため、毎年研究成果発表会を開催しています。
今年度は、「SDGs」「温暖化」「水環境」をキーワードに、下記のとおり、中央大学手計太一教授による基調講演とともに、当センター職員による研究成果等の発表を予定していますので、多数のご参加をお待ちしております。

開催日

日付

  • 2022年2月9日(水曜日)

時間

13時30分~16時00分

場所

オンライン会議システム「Zoom」を使用したLive配信形式
参加方法については、お申込みいただいたメールアドレス宛にご連絡します。

内容

1.基調講演
「環境問題解決におけるSDGsの潮流」中央大学理工学部教授手計太一氏
(内容)SDGsの達成には、その核となる「環境」「社会」「経済」の三側面の調和のとれた課題解決と統合的な発展への取組みが重要です。富山県では全国に先駆けた全県的な取組みが進められてきましたが、県内での環境問題や気候変動への取組み事例を通して、県民の地域活動がSDGsに繋がり、地球規模の変革に結びついていることを紹介します。

2.富山県気候変動適応センターの取組みの紹介
(内容)当センターでは、地球温暖化に伴う気候変動の影響や適応策に関する情報収集や調査研究を行うとともに県民に広く普及啓発するため、令和2年4月1日に「富山県気候変動適応センター」を設置しました。今回、その概要と取組みについて紹介します。

3.研究成果発表
(1)「温暖化による降雪の将来変化と消雪用地下水の合理的利用に関する研究」
(内容)本県の冬季の課題となっている消雪用地下水の利用による地下水位の大幅な低下について、温暖化の影響を踏まえた将来変化を報告します。

(2)「富山県における温暖化に伴う水質変動に関する研究」
(内容)地球温暖化の富山県内の河川水質等への影響を検討するため、県内における公共用水域(河川・海域)の過去約40年間の水温等の測定データを解析したところ、一部の河川や海域で有意な水温上昇が確認されましたので、その詳細を報告します。

定員

100名(事前申込制、先着順)

費用

無料

申し込み

下記「お問い合わせフォーム」から、次の事項を入力のうえ送信してください。
メールアドレス
氏名(ふりがな)
電話番号
件名(「成果発表会参加申し込み」と記入してください。)
内容(団体名・所属を記入してください。)

団体で参加の場合は代表される方の情報をお知らせください。
申込みは先着順に受付し、定員になり次第、募集終了となります。(ご参加いただけない場合には、メールでご連絡をいたします。)
申込みの受付順に、Zoomの参加方法(ミーティング招待URL、パスワード等)を、ご記入いただいたメールアドレスに送信いたします。

締め切り

2月4日(金曜日)まで

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境科学センター 

〒939-0363 射水市中太閤山17-1 

電話番号:0766-56-2879

ファックス番号:0766-56-1416

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?