トップページ > くらし・健康・教育 > 共生・ボランティア・国際・人権 > 国際交流 > 「とやま工芸シンポジウム アフターコロナに向けた芸術文化発信 ~富山県における工芸の取り組みから~」 開催について

更新日:2022年1月12日

ここから本文です。

「とやま工芸シンポジウム アフターコロナに向けた芸術文化発信 ~富山県における工芸の取り組みから~」 開催について

県では、「国際工芸アワードとやま」の関連企画として、とやま工芸シンポジウムを開催します。

本シンポジウムでは、若手工芸作家の発掘を目的に開催された「国際工芸アワードとやま」を振り返るとともに、富山県における工芸品の活用事例から、アフターコロナを見据えた芸術文化発信について考えます。

1.日時

2022年1月26日(水曜日)15時00分~18時00分 (受付は14時00分~)

2.場所

富山県高岡文化ホール 多目的小ホール

富山県高岡市中川園町13-1

3.内容

基調講演

演題「工芸の魅力」

講師 青柳 正規氏(国際工芸アワードとやま選考委員長・元文化庁長官)

ディスカッション1

演題「国際工芸アワードとやま」の総括

パネリスト

 青柳 正規氏

 須藤 玲子氏 (国際工芸アワードとやま選考委員・テキスタイルデザイナー)

 川原 隆邦氏 (2017年度 U-50国際北陸工芸アワード最優秀賞受賞者・和紙職人)

 塚田 美登里氏(2020年度 国際工芸アワードとやま奨励賞受賞者・ガラス作家)

 野口 健氏 (2020年度 国際工芸アワードとやま奨励賞受賞者・漆芸家)

モデレーター

 桐山 登士樹(国際工芸アワードとやまディレクター・富山県総合デザインセンター所長・富山県美術館副館長)

ディスカッション2

演題「アフターコロナにおける工芸をはじめとした芸術文化の発信」

パネリスト

 谷口 英司氏 (Cuisine régionale L'évoオーナーシェフ)

 林 千晶氏 ((株)ロフトワーク共同創業者/取締役会長)

 山川 智嗣氏 (建築家・(株)コラレアルチザンジャパン代表取締役)

モデレーター 桐山 登士樹

4.定員

会場来場参加:150名 オンライン参加:300名

5.参加料

無料

6.申込方法

事前申込制

〇WEBによるお申込み

 以下のURLよりお申し込みください。

https://toyama-kogei-sympo.jp/

〇ハガキ又はFAXによるお申込み

 以下のチラシをご参照ください。

とやま工芸シンポジウムチラシ(PDF:1,615KB)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部文化振興課振興係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-3436

ファックス番号:076-444-4438

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?