トップページ > くらし・健康・教育 > 生活・税金 > 消費生活 > 元気な高齢者への情報提供モデル事業におけるアンケート調査結果

更新日:2021年4月8日

ここから本文です。

元気な高齢者への情報提供モデル事業におけるアンケート調査結果

調査の目的

病弱や認知力の低下などの問題を抱えている高齢者については、福祉関係者等による地域の見守りが行われつつあります。
しかし、このような見守りの対象にならない元気な高齢者は、知力体力ともに自信があることから、様々な消費者啓発に触れても、自分自身の問題として捉えることができなかったり、あるいは、年齢に伴う衰えによって知識が身に付きにくい状況にあり、結果として、消費者被害にあったり、被害救済が遅れることが懸念されています。
このことから、元気な高齢者に対する効果的で確実な情報提供を行う方法について検証するための調査を実施したものです。

調査内容

  • ふだんの暮らしについて(よく出かける場所など)
  • 消費者トラブルについて(自分は被害に遭うと思うかどうか)
  • 各情報源の記憶への残りやすさ

調査対象

県内の元気な高齢者 1,388名

調査期間

平成27年5月12日(火曜日)~平成27年8月20日(木曜日)

調査結果

関連ファイル「アンケート調査結果」のとおり

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部県民生活課くらし安全班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-3129

ファックス番号:076-444-3477

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?