トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 自然・野生生物 > 令和3年 堅果類『ドングリ』の豊凶調査結果について

更新日:2021年9月7日

ここから本文です。

令和3年 堅果類『ドングリ』の豊凶調査結果について

クマの秋の主要な食べ物となるドングリの豊凶調査の結果は下記及び別添ファイルのとおりでしたのでお知らせします。
秋のクマは冬眠するために必要な食べ物を求めて奥山から里山まで幅広く行動することが予想され、厳重な注意と対策が必要です。
人身被害等の防止のため今後も目撃痕跡情報に十分注意して下さい。
(関連リンクより、ツキノワグマ出没情報地図【クマっぷ】を確認することができます。)

※ 『ドングリ』
 ここで言う「ドングリ」というのは、富山県に主に生育している「ブナ」、「ミズナラ」、「コナラ」のことをさします。

1.調査結果の概要

・ブナ(15箇所)…全県:並作
・ミズナラ(16箇所)…全県:不作
・コナラ(10箇所)…全県:不作

大量出没と関係が深いブナとミズナラは2種とも凶作となった過去の大量出没年より作柄が良く、里山に生育するコナラは不作で例年なみです。

この結果から、今年の秋はクマが平野部へ大量出没する可能性は低いと考えられます。

ただし、ミズナラとコナラには凶作地点もあることから、山裾の集落周辺を中心にクマの出没に警戒が必要です。

2.県民の皆様へ

1.クマを引き寄せない!
(1)クマが人家周辺に引き寄せられる原因となる誘引物の除去に努める。
・利用する予定のないカキなどの果樹は早めに実を取り除き、又は木を伐採する。(取り除いた実は、掘り返されるおそれがあるため、埋めたりせず生ゴミとして処理)
・野菜等は、収穫後の取り残しを農地に残さないこと。
2.クマに出遭わない!
(1)屋外では鈴等で音を鳴らし、人の存在をクマに気付かせる。
・山林や山沿いの農地等では、鈴、笛、ラジオなど携行すること。
・自宅周辺で農作業を行う際であっても鈴、笛、ラジオなど携行すること。
・特に早朝や夕方の外出には十分に注意すること。
(2)クマの隠れ家や通り道とならないよう草刈等の対策を行う。
・河川敷の藪などは、草の刈り払いを行うこと。
・幹線水路は可能な限り通水を行うこと。
・クマの家屋進入を防ぐため、住宅・車庫等の戸締りを行うこと。
3.突発的に近距離で出遭った場合には!
(1)クマを刺激しないよう、静かにゆっくりと後退し、身を隠せる場所に退避する。
(2)退避が困難な場合には、うつ伏せになり、鞄などで頭部、頚部を守る防御姿勢をとる。

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部自然保護課野生生物係

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング6階

電話番号:076-444-3397

ファックス番号:076-444-4430

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?