更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

冬眠明けのクマに注意!

 春は、クマが冬眠(冬ごもり)から覚め、食べ物を求めて活発に行動します。県内の山はクマの生息地であり、どこの山でもクマと出遭う可能性があります。
 山菜取りやレジャーで山に出かける方は、常にクマと遭遇するものと考え、対策をとってください。

春のクマから身を守るための注意事項!!

◇朝夕は山中に入らない!
 クマは朝夕に活発に動きます。

◇グループで行動する!
 山中では単独行動を避け、グループで声をかけあって活動し、クマに人の気配を伝えましょう。

◇鈴、笛、ラジオなど音が出るものを携帯し、クマに自分の存在を知らせる!
 クマは聴覚や嗅覚が人より優れているため人の接近を察知し、人を避けます。

◇子グマを見たらそっと立ち去る!
 近くには必ず母グマがいます。子グマがかわいいからといって近づくと、母グマは子グマの危険を感じて人を攻撃することがあります。

◇山菜採りはほどほどに!
 山菜はクマも好物です。山菜の多いところにはクマもいることが多いので、足跡や糞などを見つけたら引き返しましょう。

◇不測の事態に備えて!
 注意をしていてもクマと近距離で出遭う場合があります。ヘルメットを着用すると頭部の被害を軽減することが出来ます。

県民の皆様へ(ご協力のお願い)

 クマを目撃したりクマの痕跡を見つけた場合は、直ちに市町村に連絡してください。
 また、これらの内容は、別添ファイルのチラシにも記載されておりますので、回覧板などに添付していただくなど、広く皆様にお知らせいただけるよう、ご協力をお願いいたします。

 

関連リンク一覧

 

関連ファイル

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部自然保護課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング6階

電話番号:076-444-3396

ファックス番号:076-444-4430

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?