トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2023年 > 4月 > 光化学オキシダント注意報等の伝達訓練の実施について

更新日:2023年4月25日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

光化学オキシダント注意報等の伝達訓練の実施について

発表日 2023年4月25日(火曜日)

「光化学オキシダント」は、工場や自動車などの排出ガスが太陽光線を受けて生ずる刺激性の強い物質で、本県では、日差しが強くなる5月から梅雨が始まる6月まで濃度が高くなる傾向があります。

その濃度が一定以上になった場合、県では、県民の健康被害を防止するため、速やかに注意報等を発令し、関係機関と連携して屋外での活動自粛などを呼びかけています。

このたび、注意報等の伝達を迅速に行うための訓練を次のとおり実施しますので、お知らせいたします。

(※)微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起も同様の手順で行うため、その訓練も兼ねています。

1.日時

令和5年4月27日(木曜日)10時00分~11時30分

〔注意報発令(予定)10時05分 解除(予定)11時05分〕

(※詳細は「4.訓練の手順」のとおり)

2.場所

環境保全課(富山市新桜町5番3号 第2富山電気ビルディング8階)

3.実施機関

環境保全課、環境科学センター、庁内関係課、各市町村、保育所・幼稚園、学校、福祉施設、富山地方気象台、大規模な工場など 約1,300機関

4.訓練の手順

(1)注意報発令(10時05分)

  • 光化学オキシダントの濃度が注意報発令基準(0.12ppm)(ppm:百万分の一)を超過
  • 生活環境文化部長が注意報発令を指示

(2)注意報の伝達(10時06分~)

  • 関係機関を通じて、学校や福祉施設などに注意報を伝達(電子メール、電話等)
  • 大規模な工場(15工場)に対して、燃料使用量等の削減を勧告
  • 「注意報発令中」の立看板の設置(県庁前)

(3)注意報解除(11時05分)

  • 光化学オキシダントの濃度が安全レベルに低下
  • 関係機関を通じて、注意報解除を伝達

参考:訓練の様子

関係機関への注意報伝達

関係機関への注意報伝達(環境保全課内)

立看板による来庁者への注意喚起(県庁前)

立看板による来庁者への注意喚起(県庁前)

5.参考資料

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

生活環境文化部 環境保全課

076-444-3145

大気保全係 八田、木原