トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 環境 > 街なかの散乱ごみ住民参加型調査in砺波を実施しました。

更新日:2021年12月6日

ここから本文です。

街なかの散乱ごみ住民参加型調査 in 砺波を実施しました。

 富山県の海岸に漂着するごみの8割が県内で発生し、河川を通じて流れ出たものといわれています。そのため、漂着ごみの発生原因の一つと考えられる街なかの散乱ごみの実態について、地元住民や団体、企業の方々の参加のもと、調査を実施しました。

 調査終了後には、回収した散乱ごみについて分類し、どのような種類のごみが落ちているか「見える化」を行いました。

 調査結果についてはこれから詳細に分析し、今後の対策の基礎資料として活用する予定です。

開催日

令和3年11月27日(土曜日)9時00分~10時30分

調査場所

砺波市内(砺波駅前や市街地)

主催者等

主催:富山県、砺波市

協力:Rethink PROJECT(日本たばこ産業株式会社)、株式会社ピリカ

参加者・参加団体

38名の方に参加いただき、調査を実施しました。

<参加団体>

  • 北陸コカ・コーラボトリング株式会社
  • 砺波工業株式会社
  • 川田工業株式会社
  • 株式会社ダイナム
  • 株式会社広貫堂
  • まるごとTOYAMA

調査の様子

kaikaisiki aisatu

 開会式:砺波市出町子供歌舞伎曳山会館前

109 mieruka

 散乱ごみ調査(左) 散乱ごみの「見える化」(右)

syugou

 

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境政策課廃棄物対策班

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階

電話番号:076-444-3141(廃棄物に関すること 076-444-9618)

ファックス番号:076-444-3480

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?