トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 水産業 > 遊漁におけるクロマグロの資源管理について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

遊漁におけるクロマグロの資源管理について

クロマグロの資源管理について

太平洋クロマグロは、近年、資源が悪い状態が続いているため、国では「海洋生物の保存及び管理に関する法律」に基づき、全国で資源管理を実施しています。(平成30年7月から)

  • 本県も国の方針に沿って、小型魚(30kg未満)と大型魚(30kg以上)に区分して、それぞれ採捕可能な数量(上限)を設定しています。
  • 県内の漁業者は、設定された数量を守るため厳しい資源管理に取り組んでいます。
  • 数量の上限を超過するおそれがある時は、県知事から採捕停止命令が発出されます。
  • 停止命令が発出された後に、クロマグロを採捕すると罰則が適用されます。
    ※3年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又は懲役・罰金の両方

遊漁者・遊漁船業者の皆様におかれましては、漁業者の取り組みについて、ご理解いただき、生存しているクロマグロを再放流するなど、資源管理の取り組みにご協力をお願いします!
※資源管理は、漁業者と同じ資源を利用している遊漁者・遊漁船業者の皆さんも対象になります。
※停止命令が発出された後、クロマグロを釣ると罰則が適用される場合があります。

富山県の資源管理の状況

県は「富山県のくろまぐろの保存及び管理に関する計画」において、知事管理量(本県の配分数量)を採捕の種類、海域及び期間別に配分して、資源管理を実施しています。
(関連ファイル参照)
詳しくは、関連リンク水産庁「くろまぐろの部屋」をご参照下さい。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産漁港課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3292

ファックス番号:076-444-4412

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?