トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 土壌診断マニュアル

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

土壌診断マニュアル

本県の水田は、他の北陸各県に比べ、扇状地・低地に多く分布し、作土層の砂の割合が高く、かつ、下層に礫土が頻出する割合が高いことが特徴です。いわゆる地力が低い水田が多い上、近年、土壌改良資材の散布量の減少や、水田輪作体系の高度化により、有効態ケイ酸や交換性カリといった土壌養分の減耗が目立つ状況となっています。

土づくりは、土壌の物理性・化学性・生物性の改善により作物の生育に適した土壌環境を整える取り組みですが、土壌の実態を正確に把握したうえで、必要な対策に取り組むことが大切です。土壌診断に基づいた適切な施肥管理や、養分補給等が、高品質な農産物の安定生産につながります。

土壌診断は各地域で実施されているものの、これまで、効果的な診断を行うための分かりやすいマニュアルがなかっため、現状では、指導者ごとに異なる基準での土づくり指導が行われてきました。

そこで、(1)土壌診断項目の解説、(2)土壌採取の留意点、(3)診断結果に基づく対策等を一冊にとりまとめた「土壌診断マニュアル」を策定しましたので、土壌診断結果に基づく土づくり対策に活用ください。

関連ファイルよりダウンロードしてください。

関連ファイル

土壌診断マニュアル(PDF:2,471KB)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業技術課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル10階

電話番号:076-444-3276

ファックス番号:076-444-4409

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?