更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

平成24年度

普及に移す技術・品種

  • (1)水稲乾田V溝直播栽培における雑草防除体系の省力化
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL076-429-5280)
  • (2)水稲乾田V溝直播栽培における播種後の通水による発芽促進および苗立ち安定化技術
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL076-429-5280)
  • (3)収穫ロスおよび汚粒を低減する「エンレイ」のコンバイン収穫のポイント
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL076-429-5280)
  • (4)水田土壌のケイ酸栄養診断技術の改訂
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌・環境保全課 TEL076-429-5248)
  • (5)イネばか苗病を管理するための種子消毒法と本田での発病特性
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 病理昆虫課、育種課 TEL076-429-5249)
  • (6)濃赤色のユリ咲きチューリップ新品種「砺波育成125号」(仮称)の育成
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL0763-32-2259)
  • (7)淡黄色の八重・ユリ咲きチューリップ新品種「砺波育成131号」(仮称)の育成
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL0763-32-2259)
  • (8)薬剤のブームスプレーヤ散布によるチューリップ土壌伝染性ウイルス病の防除
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL0763-32-2259)
  • (9)大腸菌発現外被タンパク質抗血清を用いたチューリップ条斑病の診断
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL0763-32-2259)
  • (10)水稲育苗ハウスを活用したブドウボックス栽培
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (11)ニホンナシ「なつしずく」のジベレリン処理による熟期促進
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (12)モモ「あかつき」熟期判定用専用カラーチャート
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (13)リンゴ「ふじ」熟期判定用専用カラーチャート
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (14)簡易で牛へのストレスが少ない黒毛和種向け過剰排卵処理法
    (担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 酪農肉牛課 TEL076-469-5921)

普及上参考となる技術

  • (1)栽植密度および穂数を確保するための田植機掻取量の適正化
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL076-429-5280)
  • (2)収量損失およびしわ粒の発生を低減するための大豆品種「シュウレイ」の刈取適期
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL076-429-5280)
  • (3)大麦「ファイバースノウ」の硝子率低減のための窒素栄養管理と生育指標
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌・環境保全課、栽培課 TEL076-429-5248)
  • (4)カドミウム汚染を除去した客土水田における土壌肥沃度の経年変化と施肥管理指針
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌・環境保全課 TEL076-429-5248)
  • (5)中干し開始時期と水稲の生育・収量
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌・環境保全課 TEL076-429-5248)
  • (6)適正な播種深度によるダイズ茎疫病の発病抑制
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 病理昆虫課 TEL076-429-5249)
  • (7)ネギ育苗後期の低温馴化処理による定植後生育促進効果の解析
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL0763-32-2259)
  • (8)主穀作複合経営における短葉性ネギ経営モデル
    (担当:農林水産総合技術センター 企画管理部 企画情報課 TEL076-429-2112)
  • (9)秋まきタマネギにおける分球の発生要因と生育指標
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL0763-32-2259)
  • (10)高温時期のタマネギ育苗における施肥方法の違いが生育・収量に及ぼす影響
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL0763-32-2259)
  • (11)ニンニク「上海早生」における種子りん片品質と収量との関係
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL0763-32-2259)
  • (12)追肥量がタマネギ乾腐病の発生に及ぼす影響
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 病理昆虫課、同園芸研究所 野菜課 TEL076-429-5249)
  • (13)富山県におけるファイトプラズマの初発生とタマネギ萎黄病の発生状況
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課、野菜課 TEL0763-32-2259)
  • (14)高輝度 Red-LEDを利用した暗期中断によるキク花芽分化抑制技術
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL0763-32-2259)
  • (15)キクを加害するカメムシ類の主要種と有効薬剤
    (担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 病理昆虫課 TEL076-429-5249)
  • (16)リンゴ極早生品種「あおり16」の特性
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (17)水稲育苗ハウスでの小果樹類のポット栽培における特性
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (18)環状剥皮処理によるカキ「三社」の成熟促進
    (担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL0765-22-0185)
  • (19)県産牛肉の脂肪に含まれるオレイン酸割合についての実態
    (担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 酪農肉牛課 TEL076-469-5921)
  • (20)大麦わらの効率的な飼料調製・貯蔵法
    (担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 飼料環境課 TEL076-469-5921)
  • (21)破砕処理した飼料用玄米は肥育後期の配合飼料を50%代替できる
    (担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 酪農肉牛課 TEL076-469-5921)
  • (22)農林副産物資材を利用した生物脱臭実規模プラントで1年以上の脱臭持続が可能
    (担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 飼料環境課 TEL076-469-5921)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業技術課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル10階

電話番号:076-444-3276

ファックス番号:076-444-4409

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?