トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 国内及び県内における豚流行性下痢(PED)の発生状況について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

国内及び県内における豚流行性下痢(PED)の発生状況について

豚流行性下痢(PED)は平成25年10月に国内では7年ぶりに発生しました。令和2年にも複数県で発生が確認されています。
富山県では、平成26年4月に3農場において発生しましたが、同年10月末までにすべて沈静化しました。

1 豚流行性下痢(PED)について

  • 豚,いのししに感染するウイルス性伝染病
  • 家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定
  • 水様性下痢が主な症状で、若齢豚で重篤化しやすい

※届出伝染病とは

家畜伝染病予防法に基づき、発生した場合には都道府県への届出義務のある疾病
法定伝染病と異なり、隔離の義務やと殺の義務等の措置は求められていません。

2 養豚関係者の皆様へ(対策)

本病への対策として、継続したワクチンの接種と下記のとおり飼養衛生管理基準の遵守を徹底していただき、家畜の異状を発見した際には、速やかに家畜保健衛生所に連絡してください。

  • 衛生管理区域への立入制限
  • 人、車両、物品等の洗浄・消毒の徹底
  • 肉を扱う事業所等から排出された食品循環資源を原料とする飼料を用いる場合は、90℃以上で攪拌しながら60分間以上または同等以上の処理を行うこと
  • いのしし等の野生動物の侵入防止対策の徹底
  • 毎日の健康観察

3 国内及び県内での発生状況

平成31年3月から4月にかけて国内の複数県で発生しています。
発生状況の詳細については、関連リンク「豚流行性下痢について(農林水産省)」をご覧ください。

富山県における発生状況(概要)

本県では、平成26年4月に、3養豚場において発生を確認しましたが、同年10月末までに、すべて沈静化を確認しました。

  • 1例目(東部地域 約3700頭飼養)
    • 4月7日 農場管理者が哺育豚の下痢症状を確認
    • 4月7日 遺伝子検査の結果、陽性となり、豚流行性下痢の発生を疑う事例とした(発症19頭、うち5頭死亡)
    • 4月11日 免疫組織学的検査で豚流行性下痢と確定
  • 2例目(東部地域 約900頭飼養)
    • 4月8日 農場管理者が哺育豚の下痢症状を確認
    • 4月9日 遺伝子検査の結果、陽性となり、豚流行性下痢の発生を疑う事例とした(発症35頭)
    • 4月12日 免疫組織学的検査で豚流行性下痢と確定
  • 3例目(西部地域 約3400頭飼養)
    • 4月24日 西部家畜保健衛生所の家畜防疫員が現地巡回中に、当該農場の肥育豚の下痢症状を確認。臨床検査及び検査材料の採取を実施。
    • 4月25日 東部家畜保健衛生所での遺伝子検査結果などから、PEDと確定した。

※沈静化とは

養豚場全体で、PEDを疑う嘔吐・下痢等の臨床症状がないことが確認され、かつ、繁殖豚を使用している場合には通常通りの分娩状況になったことが確認された場合に、沈静化としています。
沈静化した場合にあっても、消毒等のまん延防止対策を引続き実施するよう、当該養豚場や関係団体等に対して指導をしています。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業技術課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル10階

電話番号:076-444-3276

ファックス番号:076-444-4409

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?