トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 7月 > 令和3年度「農福連携導入チャレンジ支援事業」の公募を開始します。

更新日:2021年7月1日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

令和3年度「農福連携導入チャレンジ支援事業」の公募を開始します。

発表日 2021年7月1日(木曜日)

県では、コロナ禍において、人手の確保が必要な農業者と、障害者等の就労機会創出による工賃向上の取組みが必要な就労系障害福祉サービス事業所とが、お互いの課題解決のために行う「農福連携」について、本県での導入・定着を一層促進するため、新たに農福連携に取り組む農業者等を支援する「農福連携導入チャレンジ支援事業」の公募を開始しますので、ご案内いたします。

1.補助対象者

支援の対象者は次の条件を満たす農業者等です。

  • 県内に住所地及び耕作地を有する農業者(個人、法人)または、農業者で組織する任意団体(代表者の定めがあり、かつ組織及び運営についての規約の定めがあること)
  • 農福連携に取り組んでおらず、今後、積極的な導入を検討していること
  • 事業実施に係る効果等についての県の調査等に協力できること

2.補助対象経費

農福連携の導入にチャレンジする際に必要となる次の経費

  • 農作業の委託費用(工賃等、最大20日間程度分)
  • 作業指示用資材や作業補助器具作成資材、作業に要する器具、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための消耗品(消毒液やマスク・ゴム手袋等)などの購入
  • 農福連携技術支援者等のアドバイザーへの謝礼(必要に応じ依頼)

など

3.補助率等

  • 補助率:定額
  • 補助上限額:45万円以内

4.公募期間及び申請方法

公募期間

  • 令和3年7月1日~12月24日(順次採択)

(注:予算の執行状況により、期限前に募集を締め切ることがあります。)

申請方法

  • 公募期間内に「農福連携導入チャレンジ支援事業実施計画書(様式1)」を農業経営課に提出してください(郵送又はメール)。

(注:事業採択後に補助金の交付申請手続きのご案内をします。)

公募要領、交付要綱及び申請様式は県のホームページ(別ウィンドウで開きます)からダウンロードいただけます。

5.お問合せ先等

問合先

富山県農業経営課団体指導検査班

TEL:076-444-3274(内線:3877)

 

書類提出先

〇郵送の場合:〒930-0004/富山市桜橋通り5-13富山興銀ビル10階/富山県農業経営課

〇電子メールの場合:anogyokeiei@pref.toyama.lg.jp

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

農林水産部 農業経営課団体指導検査班

076-444-3274(内線3877)

尾島、井上