トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 世界かんがい施設遺産の紹介

更新日:2021年3月22日

ここから本文です。

世界かんがい施設遺産の紹介

1.世界かんがい施設遺産とは

 世界かんがい施設遺産とは、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全に資するために、歴史的なかんがい施設を国際かんがい排水委員会(ICID)が認定・登録する制度であり、平成26年度に創設されました。

2.対象施設

 建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したもの、卓越した技術により建設されたもの等、歴史的・技術的・社会的価値を有するかんがい施設が対象です。

3.登録施設数(令和3年2月時点)

 15カ国105施設が登録済みであり、うち42施設(27府県)が日本の施設となります。本県では、令和2年12月8日に開催された第71回ICID国際執行理事会において、富山市に位置する「常西合口用水」が世界かんがい施設遺産に登録されています。

4.常西合口用水の概要(関連ファイル参照)

○所有者
 常西用水土地改良区
○建設年
 明治26年(1893年)建設
○所在地
 富山市上滝~新庄地内(延長約12km)
○受益面積
 約3,300ha
○ポイント
 常願寺川左岸にある12の用水の取水口を1つにまとめ、全国で初めて大規模な合口化を実現した用水路

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農村整備課計画係

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3376

ファックス番号:076-444-3437

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?