トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 農山漁村 > 水の王国富山の農業用水

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

水の王国富山の農業用水

富山県には、北アルプスや飛騨山脈などを源とする黒部川、神通川など大小300にものぼる川があります。

この豊富な水は、古くから農業、工業などに利用され、産業活動を支える重要な資源となっています。

とりわけ、水使用量の大半を占める農業用水は、大地をうるおし、地域の生活とも深いかかわりをもっています。

1 水は、生活や産業の発展には、欠かせない資源です。


本県では、農地に降りそそぐ雨180億立方メートルのうち、約40%が有効利用されています。

そのうち、農業用水に約89%、工業用水に約5%、生活用水に約2%が利用されています。

農業用水のうち約50%の水は地下へしみ込んでおり、地下水の需要供給バランスを保つうえで、重要な働きをしています。

2 農業用水は国土を守る幅広い役割を果たしています。

農業用水は、農作物の生産にとって重要な役割を果たしています。

その他に、流域の自然環境を守ったり、消融雪水としてなど生活のあらゆる面で利用されています。また、地域の人々に水辺の空間を提供しており、憩いの場やレクリエーションの場としても活用されています。

水源かん養機能の効用

  • 洪水等、災害の未然防止
  • 河川、地下水の水質の維持・浄化
  • 生物生息環境の維持・保全
  • 河川景観・田園風景の保全・提供

3 農業用水の確保とこれからの利活用

水資源には限りがあります。人々は、農業用水確保のため、用排水路の新設、改修、ため池やダムの建設など、たゆまぬ努力を続けてきました。

今、農業用水は、いろいろな分野で見直されています。農業用水としての利用はもちろんのこと、発電・消融雪などさまざまなかたちで活用されるよう考えられています。

農業用水を確保するため

  • 農業用水の水源を開発するため、ダムを建設します。
  • 水のロスをなくすため、老朽化水路を改修します。
  • 水の汚濁を解消するため、用水と排水を分離した水路を作ります。

農業用水を活用するため

  • 農業用水の豊富な用水量を利用して発電します。
  • 水辺の動植物を守るために、いろいろな水路改修工法が考えられています。

関連リンク

水の王国とやまweb(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農村整備課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3375

ファックス番号:076-444-3437

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?