更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

愛本新用水を開いた 伊東 彦四郎 さん

愛本新用水を開いた 伊東彦四郎(いとう ひこしろう 朝日町)

伊東彦四郎の肖像画宇奈月町愛本新一帯の「舟見野(ふなみの)」は雲雀野(ひばりの)ともいわれて、雲雀が巣をつくってすむような荒野でした。高台にあって水がないため、作物の栽培ができませんでした。そのため、彦四郎は「なんとかして、舟見野に水を引いて、農民の苦を救おう。」と決意し、水の取入口を設定するため黒部川をさかのぼりました。

計画ができても、この工事に要する費用が多額なため、加賀藩の援助をうけるしかないと、願いでました。幾度となく請願を重ねた結果、数年間に15万両(およそ3千万円)与えられることとなり、寛政8年(1796年)、試掘を始めました。

水路をつくる右岸は絶壁だったため、測量機械が発達していなかった当時、彦四郎は工夫をこらし提灯のあかりを用いました。夜、人夫を右岸の岩壁によじのぼらせ、彦四郎は対岸で、人夫たちの持った提灯の上げ下げを指図して、岩壁にしるしをつけさせて測量をすすめました。

このようにして、寛政10年(1798年)の雪どけを待って本工事にとりかかることになりました。水の取入口を音沢(いまの宇奈月町内)の南南東約1600mのところに定めました。ここから野中(のじゅう いまの入善町内)に至るまで、延長12キロにわたった用水路で、途中には隧道(ずいどう)をうがち、あるいは架樋(かけひ)を設けたりするため、工事はとても困難でした。

彦四郎の、前後5か年にわたる難工事は、享和2年(1802年)見事に完成し、黒部川の水が、用水路を流れました。

こうして、今までの荒野は黄金の波のうねる美田となり、12キロの用水は、愛本(いまの宇奈月町内)・舟見(いまの入善町内)・野中の1町2か村を潅漑して耕作田地379haに及び、農民が四方から集まって来て、多くの村をつくり、今日の繁栄をみるようになりました。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農村整備課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3375

ファックス番号:076-444-3437

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?