トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 「ため池百選」の選定

更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

「ため池百選」の選定

農林水産省では、地域にとっての資源であるため池が、地域活性化の核として保全・活用される取り組みの機運を醸成するとともに、ため池の有する多様な役割と保全の必要性について、国民の理解と協力を得る契機とするため、「ため池百選」が実施されました。

この選定委員会が平成22年3月11日に農林水産省において行われ、本県から2箇所のため池が選定されました。

ため池とは:降水量が少なく、流域の大きな河川に恵まれない地域などで、農業用水を確保するために水を貯え取水できるよう、人工的に造成されたため池です。(農林水産省HPより)

全国に21万箇所存在するといわれているため池の中から、今回選定されたため池は「農業の礎」、「歴史・文化・伝統」、「景観」、「生物多様性」、「地域とのかかわり」の5つの視点から総合的に優れたものであります。

  1. 県内で選定されたため池
    • 桜ヶ池(さくらがいけ)【南砺市(旧城端町)】
    • 赤祖父溜池(あかそぶためいけ)【南砺市(旧井口村)】
  2. 選定までの経緯
    • 1)応募受付(H21.4月20日~7月10日)
      一般から募集(重複を除いた応募総数 620地区)
      県内からは14地区が応募
    • 2)インターネット・郵便による一般投票(H22.1月~2月)
      候補地区を287地区に絞り一般から投票(投票総数 約73,000票)
      県内からは4地区が一般投票対象
    • 3)ため池百選の選定
      ため池百選選定委員会(有識者にて構成された13名)にて投票結果等を基に100箇所を最終選定(H22.3月)
    • 4)ため池百選の公表
      農林水産省にて報道発表(H22.3月26日)
      県内からは桜ヶ池と赤祖父溜池の2箇所が選定

桜ヶ池(さくらがいけ)【南砺市(旧城端町)】

桜ヶ池を撮影した画像

赤祖父溜池(あかそぶためいけ)【南砺市(旧井口村)】

赤祖父溜池を上空から撮影した画像

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農村整備課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3375

ファックス番号:076-444-3437

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?