トップページ > 県土づくり > 土木一般 > 富山県富山土木センター > 富山大橋ポケットパークが完成

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

富山大橋ポケットパークが完成

「連隊橋」とも呼ばれ、富山大空襲もくぐり抜けて架橋から70年以上にわたり広く県民に親しまれてきた旧富山大橋。その架け替えにあわせて左右両岸の橋詰めに整備してきた「富山大橋ポケットパーク」が7月11日に完成しました!
このポケットパークには、当時の富山大橋を思い起こすことができるよう、旧橋の親柱、高欄、照明柱、路面電車の軌道、架線柱を復元し、立山連峰をはじめとする周辺景観を一望できるような展望スペースを、五福側、安野屋側にそれぞれ整備しました。
また、かつて旧富山大橋から見えた風景など富山大橋の歴史を紹介する案内板や松川べりの遊歩道や高志の国文学館に設置された万葉歌碑群との連携を図る歌碑を設置しています。
このポケットパークが、富山大橋の記憶や歴史を後世に伝える場として、また、県民の憩いの場として末永く愛され、親しまれることを願っています。

左岸ポケットパーク(上空より)

左岸ポケットパーク

右岸ポケットパーク

地元小学生による歴史を未来に引き継ぐ宣言(完成式にて)

完成式

お問い合わせ

所属課室:土木部富山土木センター 

〒930-0096 富山市舟橋北町1-11 富山総合庁舎内

電話番号:(代表)076-444-4445

ファックス番号:076-444-4517

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?