トップページ > イベントカレンダー > 「立山カルデラ砂防体験学習会(砂防専門バスコース)」参加者募集(6月28日まで) 立山カルデラ砂防博物館

更新日:2022年6月22日

ここから本文です。

「立山カルデラ砂防体験学習会(砂防専門バスコース)」参加者募集(6月28日まで) 立山カルデラ砂防博物館

多くの人が訪れる立山・黒部アルペンルートのすぐ隣に、火山活動とその後の浸食によってつくられた「立山カルデラ」があります。ここには荒々しくも豊かな自然と、人々の歴史が残されています。
この立山カルデラを訪れ、自然、歴史、砂防について自分の目で確かめることができる体験学習会の参加者を募集します。
重要文化財の白岩堰堤や本宮堰堤、幸田文の文学碑がある多枝原展望台など砂防関連施設中心に巡る砂防専門バスコースを7月に3回実施し、2回目の7月8日実施分の参加者募集は6月28日が締め切り(先着順)です。
また、5~10名の団体での申し込みも受けています。
なお、往復バスを利用した「砂防専門バスコース」のほかに、「バスコース」、「黎明期の砂防探訪バスコース」、「片道トロッコ利用のコース」もあり募集していますので、詳しくは博物館のホームページでご確認ください。

立山カルデラ砂防体験学習会

コースマップ

2022taikenmap

開催日

日付

  • 2022年6月28日(火曜日)

時間

参加者募集期間 6月28日(火曜日)まで
体験学習会の開催日・コース名 : 7月8日(金曜日)・4S
集合・解散場所(集合時刻/解散時刻): 富山駅(8時30分/16時40分頃)

内容

解説員がコースを案内します。
訪問先:本宮砂防堰堤、立山カルデラ(白岩砂防堰堤、多枝原展望台、金山谷山腹工、立山温泉跡、湯川12号砂防堰堤、泥谷砂防堰堤(車窓見学))

ホームページ

富山県立山カルデラ砂防博物館(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

定員

20名(先着順)

費用

一般3,000円、大学生2,000円、小中高生1,500円

申し込み

立山カルデラ砂防博物館のホームページからの申し込み
1 トップページの「体験学習会バナーをクリック」または「お知らせ2022年4月28日の『こちら』をクリック」
2 E.ホームページからの申し込みの「●砂防専門バスコース申込」をクリック
3 応募コースのほか必要事項を記載の上、送信

はがきによる申し込み(関連資料を参照してください。)
1 <表面 宛先>〒930-1405 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂六八番地
 立山カルデラ砂防体験学習会の係
2 <裏面 > 1参加希望日・コース番号、2参加希望者代表者(氏名・ふりがな、性別、年齢、学生の場合学年、〒、住所、自宅電話番号、日中連絡先電話番号、ファックス番号)、同行者※3名まで(氏名・ふりがな、性別、年齢、学生の場合学年、〒、住所)、3緊急連絡先(参加者以外で緊急時に連絡できる方)(連絡先名または氏名、代表者との関係、電話番号)

団体(5~10)での参加申し込み
電話(076-481-1363)で申し込みください。

締め切り

6月28日(火曜日)、先着順(当選者(代表者のみ)への順次必要書類の発送をもって当選通知とします。)

問い合わせ

立山カルデラ砂防博物館 体験学習会の係
電話番号 076-481-1363

主催

富山県・公益財団法人立山カルデラ砂防博物館

備考・注意事項

見学地は国内有数の崩壊地であり、現在も大規模な砂防工事が行われている現場です。この見学会には危険が伴う場合があることをあらかじめ承知のうえご参加ください。なお、参加者には体験学習会当日に署名をいただきます。
雨具(カサは不可)、昼食、常備薬、健康保険証またはその写し、懐中電灯を持参してください。
長袖、長ズボン等野外活動に適した服装で参加すること。
ゴミ・空き缶等は、各自で持ち帰ること。
上記のほか、関連資料のてびきpdfファイル記載の参加者心得を了承願います。

砂防専門バスコース 全3回<実施日・コース名・応募締切日>
7月1日実施・1S・6月21日(火曜日)締め切り
7月8日実施・4S・6月28日(火曜日)締め切り
7月15日実施・7S・7月5日(火曜日)締め切り


 

お問い合わせ

富山県立山カルデラ砂防博物館
〒930-1405中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
電話番号:076-481-1160
ファックス番号:076-482-9100

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?