トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 2月 > 県が公表している洪水浸水想定区域図の修正について

更新日:2021年2月15日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

県が公表している洪水浸水想定区域図の修正について

発表日 2021年2月15日(月曜日)

県が作成・公表している洪水浸水想定区域図(想定最大規模※1)のうち、大岩川(おおいわがわ)(上市町外※2)、余川川(よかわがわ)(氷見市)及び木流川(きながしがわ)(朝日町)について、作成過程の計算に誤りがあり、再計算したところ修正の必要が生じました。

つきましてはその概要及び今後の対応についてお知らせします。

1 修正の概要

  • 洪水の浸水解析における降雨量の設定に誤りがあり、浸水範囲や浸水深などが過小または過大となっていました。(別図(PDF:3,828KB)参照)
  • 修正前の浸水範囲:[大岩川]4%過小、[余川川]11%過小、[木流川]24%過大

2 今後の対応

  • 修正した洪水浸水想定区域図を県報告示後、すみやかに河川課HPなどで掲載します。河川課及び所管土木センター・事務所においても縦覧します。
  • 洪水浸水想定区域図を基に市町で作成されたハザードマップの修正については関係市町と協議をしてまいります。

(※1)平成27年の水防法改正により、想定し得る最大規模(1,000年に1度程度の規模)の降雨により河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域として指定。県ではこれまで42河川について指定・公表済。

(※2)大岩川の浸水想定区域は上市町の外、富山市、舟橋村にも及びますが、ハザードマップは、他の河川の浸水範囲や水深を重ねあわせて最大の範囲や深さを表示しており、確認の結果、富山市、舟橋村のハザードマップの修正ありません。

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

土木部 河川課

(直通)076-444-8297 (内線)4107

二木、大道