トップページ > 県土づくり > 森林・河川 > 河川・ダム > 災害復旧 > 平成26年7月豪雨災害について

更新日:2021年3月12日

ここから本文です。

平成26年7月豪雨災害について

 平成26年7月19日夜から20日未明にかけて、県内各地で記録的な豪雨に見舞われました。特に、魚津市では、1時間雨量で83.0mm、降り始めからの総降水量で280.5mmという観測史上最多の猛烈な豪雨を記録し、住宅の浸水被害や土砂災害など、県民の暮らしに直結する被害が発生しました。

 この豪雨の影響で県内各地の道路や河川等の公共土木施設が被災したため、県では災害復旧事業を実施し、これら施設を早期に復旧するとともに再度災害の防止を図りました。

公共土木施設の被害額(災害査定決定額)

県事業:86百万円(9件) 市町村事業:169百万円(24件)

災害復旧事業事例(二級河川角川水系大座川)

被災直後

被災直後

下矢印

応急復旧後

応急復旧後

下矢印

工事完了後

工事完了後

お問い合わせ

所属課室:土木部河川課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3324

ファックス番号:076-444-4417

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?