トップページ > 防災・安全 > 防災・消防 > 水害に対する要配慮者利用施設の避難確保計画に関する支援について

更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

水害に対する要配慮者利用施設の避難確保計画に関する支援について

近年、度重なる豪雨により、要配慮者利用施設において深刻な人的被害が発生しています。

このため、平成29年に水防法が一部改正され、浸水想定区域内の要配慮者利用施設の管理者に対して、避難確保計画の作成と避難訓練の実施が義務付けられました。

ここでは、水害に対して適切な避難行動がとられるよう、要配慮者利用施設の管理者の方向けの避難確保計画作成等に役立つ情報を紹介しています。

富山県内の取り組み状況

富山県内の要配慮者利用施設の避難確保計画作成状況(R2.10.31現在)

水防法に基づき市町村地域防災計画に位置づけられている要配慮者利用施設の数:940
うち 避難確保計画を作成済み施設の数:604

※全国の作成状況については、下記関連リンクの「要配慮者利用施設の浸水対策【国土交通省HP】」をご覧ください。

施設における計画作成を支援するため、市町村と協力しながら施設管理者向け説明会を随時開催しています。(関連ファイルに説明会資料)

お役立ち情報

施設における避難確保計画の作成や防災情報の収集に役立つ情報をご紹介します。
下記関連リンクより各種情報をご確認ください。

  • 計画様式や事例集等→要配慮者利用施設の浸水対策【国土交通省HP】
  • 防災気象情報→富山県版気象庁HPデータリンク集【富山地方気象台HP】
  • 河川の水位情報等→川の防災情報【国土交通省HP】

その他富山県内の各種情報

  • 洪水浸水想定区域について【富山県HP】
  • 富山防災WEB【富山県HP】
  • 富山県河川海岸カメラ【富山県HP】

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:土木部河川課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3324

ファックス番号:076-444-4417

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?