トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 12月 > 2021年度第3回日本海学講座「みんな見てきた魚津の蜃気楼ー加賀藩主からドローンへ!ー」

更新日:2021年12月2日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

2021年度第3回日本海学講座「みんな見てきた魚津の蜃気楼ー加賀藩主からドローンへ!ー」

発表日 2021年12月2日(木曜日)

日本海学推進機構が、2021年度第3回日本海学講座を開催いたしますので、ご案内いたします。

日時

令和3年12月4日(土曜日)14時00分から15時30分まで

場所

富山県民会館701号室

講師

魚津埋没林博物館 学芸員 佐藤 真樹 氏

タイトル

「みんな見てきた魚津の蜃気楼-加賀藩主からドローンへ!-」

内容

蜃気楼は、空気中で光が曲がることで、実際の風景が伸びたり反転したりして見える現象です。実際の景色が、どのような空気のいたずらで蜃気楼となって見えるのか、近年の海上でのドローンによる観測状況を含め説明します。
空気のいたずらが見せる魚津の蜃気楼の写実的な絵は、江戸時代に加賀藩主が魚津の御旅屋から見た蜃気楼を描かせた「喜見城之図」をはじめ、伏木測候所が調査を始めた明治の石崎光瑶の絵などがあります。これらの蜃気楼が見られた日の天気を、文献や野帳から振り返りながら、蜃気楼が見えやすい気象について紹介します。

定員

会場受講:50名

(※)第3回講座はオンライン受講を中止し会場受講のみに変更となりました。

受講料

無料

その他

詳細は以下のHPをご覧ください。

http://www.nihonkaigaku.org/event/20213.html

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

地方創生局 観光振興室 日本海学推進機構

076ー444-3339

清田、松本、藤田