トップページ > 魅力・観光・文化 > 観光・特産品 > 観光 > 富山県インバウンド消費拡大促進事業に関するアンケート結果

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

富山県インバウンド消費拡大促進事業に関するアンケート結果

1 調査の目的

訪日外国人観光客の本県での消費拡大を促進するため、県内観光事業者における外国人観光客に対する受入状況等を明らかにし、今後の本県における効果的な訪日外国人観光客の消費拡大を促進する施策にかかる企画立案等の参考資料とする。

2 調査の概要

  • (1)調査対象:県内全域の観光事業者1,229件
  • (2)調査時期:令和元年12月~令和2年2月
  • (3)調査方法:郵送配布・回収
  • (4)回収率:29.5%(363件)

3 アンケート結果の概要

  • 外国人観光客の受入・来訪頻度について国別では台湾からの外国人観光客が最も多く、「毎日訪れる」、「ほぼ毎日訪れる」と回答した事業者は9.6%、「ときどき訪れる」を加えると43.5%となった。
  • 外国人観光客の割合については、「5%未満」が56.5%、「受入れがない」が13.8%、「5~10%未満」が10.5%、「20%以上」が7.4%、「10~20%未満」が5.5%の順となった。
  • 訪れる外国人観光客の属性については、「個人客が多い」と回答した事業者は70.5%、「団体客(20名以上)が多い」と回答した事業者は15.4%となった。
  • 外国人観光客向けに整備されている情報発信ツールについては英語の整備が最も多く、「パンフレット」22.9%、「ホームページ」24.2%であり、次いで繁体字が「パンフレット」14.0%、「ホームページ」13.2%であった。
  • 外国人観光客への案内・コミュニケーション手段として、活用している方法については英語による「スタッフの言語対応」34.7%、「案内サイン」19.8%となった。また、「翻訳・通訳機」や「スマホやタブレット」を活用している事業者の割合は2割を超えている。
  • 外国人観光客が利用可能な決済サービスは、「クレジットカード」50.1%、「スマホ決済」25.6%、「電子マネー」19.0%の順となった。
  • FreeWiFi(無料公衆無線LAN)の提供については、「パスワードなしでFreeWiFiを提供」が25.3%、「パスワードを設定してFreeWiFiを提供」が29.2%であった。
  • 免税販売対応については、小売事業者のうち25.7%が導入している。
  • スタッフへの外国人観光客対応に関する教育については、「マニュアルを整備」と回答した事業者が10.2%で最も多かった。
  • 外国人観光客からの要望やクレームの発生頻度については、68.6%が「殆どない」と回答した。
  • 外国人観光客からの要望やクレームとして多いものについては、「多言語対応に関する事柄」が10.5%と最も多かった。
  • インバウンド対応でのお困りごとについては、言語・コミュニケーション、文化の違い、PRの方法等に関する回答があった。

お問い合わせ

所属課室:地方創生局観光振興室国際観光課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館2階

電話番号:076-444-8752

ファックス番号:076-444-4404

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?