トップページ > 産業・しごと > 労働・雇用 > 労働・雇用 > 同一労働同一賃金の相談窓口について

更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

同一労働同一賃金の相談窓口について

2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)から、パートタイム・有期雇用労働法及び改正労働者派遣法の施行により、正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間での基本給や賞与などの不合理な待遇差をなくす、いわゆる「同一労働同一賃金」が施行されます。

改正のポイント

1.不合理な待遇差の禁止

同一企業内において、正社員(無期フルタイム労働者)とパートタイム労働者、有期雇用労働者との間で、基本給や賞与などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

2.労働者に対する待遇に関する説明義務の強化

パートタイム労働者、有期雇用労働者は、「正社員との待遇差の内容や理由」などについて、事業主に説明を求めることができるようになります。
事業主は、パートタイム労働者、有期雇用労働者から求めがあった場合は、説明しなければなりません。

特別相談窓口(富山労働局)

富山労働局では、「不合理な待遇差を確認する手順がわからない」、「同一労働同一賃金の制度内容がわからない」、「派遣先の正社員との待遇差が気になる」などの悩みを持つパートタイム・有期雇用労働者、派遣労働者や事業主の皆さまのために無料で相談できる「特別相談窓口」(平日8時30分~17時15分※土日祝除く)が設置されています。

  • パート・有期雇用労働者の均等・均衡待遇に関する特別相談窓口
    雇用環境・均等室(富山労働局4階) TEL076-432-2740
  • 派遣労働者の均等・均衡待遇に関する特別相談窓口
    職業安定部需給調整事業室(富山労働局6階) TEL076-432-2718

詳しくは、下記の関連リンクをご覧ください。

※県労働相談ダイヤル(TEL076-444-9000)でも労働相談を受付けております。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:商工労働部労働政策課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁東別館2階

電話番号:076-444-3256

ファックス番号:076-444-4405

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?