トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 11月 > 「経済情勢報告」の公表

更新日:2021年11月30日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

「経済情勢報告」の公表

発表日 2021年11月30日(火曜日)

県では、毎月、各方面の経済指標などをもとに「経済情勢報告」をまとめ、公表しています。

1.基調判断

景気は、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が徐々に緩和されつつあり、緩やかに持ち直しつつある。

先行きについては、経済社会活動が正常化に向かう中で、各種政策などを背景に、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、供給面での制約や原材料価格の動向による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、感染症による内外経済への影響や金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある。

2.主要項目における前月公表との比較

 

9月

10月

判断

基調判断

景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるが、緩やかに持ち直しつつある。

 

先行きについては、感染対策を徹底し、ワクチン接種を促進するなかで、各種政策などを背景に、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、サプライチェーンを通じた影響による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、国内外の感染症の動向や金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある。

景気は、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が徐々に緩和されつつあり、緩やかに持ち直しつつある。

 

先行きについては、経済社会活動が正常に向かう中で、各種政策などを背景に、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、供給面での制約や原材料価格の動向による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、感染症による内外経済への影響や金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある。

据え置き

個人消費

一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに持ち直しつつある。

一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに持ち直しつつある。

据え置き

生産

持ち直している。

持ち直している。

据え置き

雇用情勢

緩やかな改善の動きが続いている。

緩やかな改善の動きが続いている。

据え置き

(※)前月から変更のあった部分などについては下線で示しています。

(※)詳細は以下の別添資料参照

本文(PDF:415KB)

主要指標(PDF:678KB)

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

商工労働部 商工企画課

(直通)076-444-3243

礪波、長井