トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2021年 > 7月 > とやまデザイン・トライアル「Meets GEIBUN」での公開プレゼンテーションの開催について

更新日:2021年7月30日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

とやまデザイン・トライアル「Meets GEIBUN」での公開プレゼンテーションの開催について

発表日 2021年7月30日(金曜日)

県では、平成28年度から、県内のものづくり企業と県内外のデザイン系大学を結び、商品開発を通して就職につなげる産学官連携事業「とやまデザイン・トライアル」を実施しています。

このたび、富山大学芸術文化学部と助野(株)(高岡市)が連携したワークショップについて、下記のとおり最終プレゼンテーションを行いますので、ご案内いたします。

1.日時・場所

日時:令和3年8月3日(火曜日)9時00分~11時45分

<日程>

10時15分~:助野(株) 古家専務挨拶
10時20分~:プレゼンテーション A~Eグループ
11時40分~:総括

場所:三井アウトレットパーク 北陸小矢部 2階 「Meets GEIBUN」(富山県小矢部市西中野972-1)

(※)「Meets GEIBUN」は、三井不動産(株)と富山大学が連携し令和3年8月3日にオープンする、「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」内のデザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザインコミュニティスペースです。

2.参加者

富山大学芸術文化学部:内田 和美 教授、渡邊 雅志 准教授、学生18名(3、4年生)

助野(株):専務取締役 古家 基治 氏、商品企画部 小池 杏奈 氏

県総合デザインセンター:研究員

3.内容

参加した学生18名はグループ(1グループ3~4名)に分かれて、企業の協力を得て製作した靴下の試作品を前に各自のデザイン案について発表します。
作製した靴下は、『Meets GEIBUN』のこけら落としイベントとして8月18日まで展示します。
また9月から企業のECサイト(https://store.sukeno.co.jp/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます))でも販売予定です。

〈グループテーマ〉

Aグループ:『Leg culture』

普段靴下をはかない人も履きたくなる靴下を提案。

Bグループ:『生活の中で気分をあげる靴下』

お家時間を楽しくする靴下や気分をあげるアクセサリーのような靴下を提案。

Cグループ:『気持ちを伝える』

需要が高まる通販ギフトに着目。家族や知人に感謝の気持ちを伝える靴下を提案。

Dグループ:『コミュニケーション』

コロナ禍で人と意思疎通を図ることの難しさや重要性を感じている人が多いと考え、靴下を使った新たなコミュニケーションを提案。

Eグループ:『家族をつなぐ靴下』

家族とのコミュニケーションのきっかけとなるモチーフが模様になった靴下を提案。

4.とやまデザイン・トライアルについて

詳細はとやまデザイン・トライアル特設サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

商工労働部 総合デザインセンター

0766-62-0510

藤田、吉田