トップページ > 産業・しごと > 商工業・建設業 > 商工業 > 県制度融資「新型コロナウイルス感染症対応資金」について

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

【申込受付は終了しました】県制度融資「新型コロナウイルス感染症対応資金」について

※令和3年3月31日(水曜日)をもちまして、申込受付は終了しました。

新型コロナウイルス感染症対応資金の概要

対象

主に、売上高等が最近1ヶ月(※1)の売上高等の実績とその後2ヶ月を含む計3ヶ月の見込みで、対前年比5%以上減少(※2)している方(創業後1年未満の方も利用できます。)
なお、売上高等の減少について、市町村長の認定が必要です。
(※1)「最近1ヶ月の実績」のほか、「最近6ヶ月の実績」等も可能(6ヶ月に限らず、比較する期間は事業者の実情に応じて弾力的に適用します。)。
(※2)新型コロナウイルス感染症の影響を受ける直前同期が比較対象になります。

融資限度額

6,000万円(設備・運転資金)※保証付既往債務の借換えも可能です。

融資期間

10年以内(うち据置期間5年以内)

融資利率

年1.25%以内

要件・保証料率

関連ファイル1「富山県新型コロナウイルス感染症対応資金」チラシのとおり
※次の方は、3年間実質無利子、全期間無担保・保証料ゼロとなります。

  • (1)売上高等減少率▲5%以上の個人事業主(小規模企業者に限る)
  • (2)同▲15%以上の中小企業者・小規模企業者

申込期限 令和3年3月31日(水曜日)

※お取引のある金融機関を通じて、上記期限までに富山県信用保証協会にお申込みください。
(注1)市町村長からセーフティネット保証4号、5号、または危機関連保証の認定を受けた方が対象です。
(注2)売上高等の減少の度合いや企業の規模などの条件により利子や保証料は異なります。
(注3)保証人については、代表者は一定要件((1)法人・個人分離、(2)資産超過)を満たせば不要(代表者以外の連帯保証人は原則不要)です。
(注4)融資申込額が6,000万円を超える場合等は、県制度融資「経済変動対策緊急融資 新型コロナウイルス感染症対策枠」との併用が可能です。関連リンク1「新型コロナウイルス感染症に関する中小企業者への金融支援について」をご覧ください。
★ご利用にあたっては、お取引のある金融機関にご相談ください。
(取扱金融機関は関連ファイル4でご確認ください。)

事務手続きフロー

フロー

必要書類

以下の書類が必要です。

  • (ア)富山県新型コロナウイルス感染症対応資金利用申込書(信用保証協会宛て)
    …関連ファイル2
  • (イ)新型コロナウイルス感染症対応資金金融機関チェックシート(金融機関向け)
    …取引先の金融機関または富山県信用保証協会にお問い合わせください。
  • (ウ)経営者保証免除対応確認書(経営者保証を免除する場合)
    …取引先の金融機関または富山県信用保証協会にお問い合わせください。
  • (エ)信用保証委託申込書・委託契約書など信用保証協会所定の申込書
    …取引先の金融機関または富山県信用保証協会にお問い合わせください。
  • (オ)市町村の定める認定申請書
    …各市町村のHPからダウンロードしてください。(関連ファイル3参照)
    ※添付書類として、法人(個人)の実在が確認できる書類が必要です。
    法人:法人謄本(履歴事項証明書)など
    個人:確定申告書の写しなど
  • (カ)売上高等の減少を確認する書類
    …試算表、売上台帳、その他売上高等が分かる資料

よくある質問

Q 当初3年間は実質無利子とのことですが、一時的に利子を負担する必要はありますか。
A 富山県では、金融機関にご協力いただき、最初から利子負担のない「リアルタイム方式」を採用しています。

Q 保証料を一時的に負担する必要はありますか。
A 保証料がゼロまたは半額の場合、その分の保証料はお支払いいただく必要はありません。

Q 前年実績がない場合はどうすればよいですか。
A 業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の事業者および店舗の増加等によって単純な売上高等の前年比較が困難な事業者については、国において認定基準の運用緩和がされています。詳細は関連リンク5をご覧ください。

Q どのような事業者でも「最近6ヶ月の実績」等の比較で認定を受けられるのですか。
A 本運用緩和は、GoToキャンペーン等により最近の売上高は増加したものの、新型コロナウイルス感染症拡大による営業自粛等により、今後の売上減少が見込まれる事業者が対象となります。
比較する期間や、対象になるか否かについては、市町村にお問い合わせください。
なお、市町村の定める認定申請書については、現行の様式にある「直近1ヶ月」の箇所を「直近6ヶ月」などと修正してご利用ください。

Q 売上高等の減少要件について、新型コロナウイルス感染症の影響が発生してから1年以上経過した後も、前年同期と比較するのですか。
A セーフティネット保証4号及び危機関連保証の認定における売上高等の比較は、災害・事象等が発生した直前同期の売上高等と比較することとしており、新型コロナウイルス感染症の影響が発生し始めた令和2年2月以後の月の売上高等は比較対象に入らず、原則として前々年の同期と比較することとなります。
しかしながら、同感染症の影響が長期化しており、同感染症の影響を受けた時期は事業者によって異なることから、前年同期よりも後に同感染症の影響を受けた場合は、前年同期と比較することとします。
この取扱いは、セーフティネット保証4号、危機関連保証だけではなく、セーフティネット保証5号においても同様です。ただし、最近3ヶ月の売上高等と比較する場合は、同感染症の影響を受けた時期によらず前年同期と比較することとします。
なお、各認定において、最近1ヶ月の後2ヶ月を含む3ヶ月の前年同期のいずれかの月が同感染症の影響を受けた後の期間に含まれる場合、当該月に代えて同感染症の影響を受ける直前同期の月を比較対象とします。

金融相談窓口

相談窓口:富山県商工労働部地域産業支援課
所在地:富山市新総曲輪1-7 県庁東別館3階
電話相談:076-444-3248
開設時間:8時30分から17時15分まで(土日・祝日を除く)

なお、県内の日本政策金融公庫各支店、商工組合中央金庫各支店、信用保証協会、各商工会議所、商工会連合会、中小企業団体中央会及びよろず支援拠点においても相談窓口が設置されています。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:商工労働部地域産業支援課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁東別館3階

電話番号:076-444-3249 (制度融資 444-3248)

ファックス番号:076-444-4402

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?