トップページ > 産業・しごと > 商工業・建設業 > 商工業 > 令和元年度「伝統工芸の匠」の認定について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

令和元年度「伝統工芸の匠」の認定について

県では、平成28年度から、各産地で高い技術や希少な技術を有する職人を「伝統工芸の匠」に認定し、その技術の継承に対して支援(伝統工芸「匠の技術」継承支援事業)を行っています。
このたび、次のとおり令和元年度の認定書交付式を行いました。

集合写真

  1. 日時:令和元年9月13日(金曜日)
    11時30分~11時45分
  2. 場所:富山県庁3階特別室
  3. 出席者:<伝統工芸の匠>
    吉野 香岳 越中瀬戸焼
    石黒 共子 とやま土人形
    朴木 立堂 富山木象嵌
    <産地組合等>
    釋永 由紀夫 越中瀬戸焼かなくれ会 代表
    栗山 早苗 とやま土人形伝承会 会長
    永森 豊 富山木象嵌工芸会
    (県からは知事、芝田商工労働部長、堀口商工労働部次長等が出席)

認定書の交付後、伝統工芸の匠が持つ技術について作品をもとに知事に説明していただき、歓談しました。

作品鑑賞

今回認定を受けた「伝統工芸の匠」の皆さんはその技法を継承するために10月から順次継承者に指導を行っています。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部地域産業支援課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁東別館3階

電話番号:076-444-3249 (制度融資 444-3248)

ファックス番号:076-444-4402

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?