トップページ > 産業・しごと > 商工業・建設業 > 商工業 > 「とやま手わざアワード2022」の受賞作品が決定しました!

更新日:2022年11月22日

ここから本文です。

「とやま手わざアワード2022」の受賞作品が決定しました!

富山県及び富山県伝統的工芸品展運営委員会が「第42回富山県伝統的工芸品展」と併せて実施した「とやま手わざアワード2022」の受賞作品が決定しましたので、お知らせします。

実施趣旨

日頃から鍛錬している技を競い、技能優秀なものを授賞することにより、今後の活動の励みとするとともに伝統工芸品の技術・技法の向上を図る目的で実施。また、一般投票による賞を設けることで、第42回富山県伝統的工芸品展来場者の伝統工芸品への理解を深める機会を創出しました。

<グランプリ>「小判鉢 紐」黒/緑/朱/赤/溜

制作者:氏家漆器株式会社(伝統工芸高岡漆器協同組合)

shikki1

【素材】綿紐、漆

【大きさ】奥行11cm×横14cm×高さ4.5cm

【制作者の作品PRコメント】

綿紐で小判形に整え、漆で塗りかためた巻胎(けんたい)技法の器です。巻胎は古来からある技法として正倉院の宝物の製作にも使用され、素材を巻き取りながら形を作っていく手法です。漆塗のこの器は使う程に色合いに表情が出てきます。果物、お刺身、サラダなど色々な食材を(熱くないもので)盛り付けてお使いいただければと思います。軽くてとても丈夫でかわいい器です。

<準グランプリ>「みじん貝の器」黒/べんがら

制作者:芝さゆり氏(伝統工芸高岡漆器協同組合)

shikki2

【素材】栃、漆、青貝

【大きさ】直径18cm×高さ5cm

【制作者の作品PRコメント】

「漆器の魅力を伝える、生活に溶け込む作品づくり」をベースに制作に取り組んでいます。器の大きさは普段使いに活躍できるよう18cm直径で、アクセントとして、料理のじゃまをせず、箸、スプーンが触れにくい所に貝を細かく砕いたみじん貝を蒔きました。日本の暮らしに古くから根付いている黒とべんがらの色合いで仕上げました。

<ピープルズチョイス作品賞>「とらのおやこ」

制作者:髙田斉氏(井波彫刻協同組合)

inami

【素材】クス材

【大きさ】奥行17cm×横27cm×高さ14cm

【制作者の作品PRコメント】

愛らしい寅の親子をクス材を使い、繊細に彫刻した作品。寅は、親子間や夫婦間に情が厚い動物といわれ強烈な邪気を祓い、福を運ぶと伝えられています。寅年生まれの方にもおすすめです。

<奨励賞>「亀裂化粧 抹茶碗」

制作者:木下青月氏(一般応募)

aotsuki

【素材】陶器

【大きさ】奥行11.5cm×横11.5cm×高さ6.5cm

【制作者の作品PRコメント】

亀裂化粧という名の通り、化粧土を用いて亀裂模様を表すとともに実際の亀裂も入ったものに仕上げました。亀裂、そして土そのものの手触りを感じてもらいたいため、外側には釉薬は掛けずに仕上げました。また、亀裂模様はランダムでどこを見ても違った景色がみられます。是非、実際に見て触って感じていただきたいと思います。

(参考)各賞の審査方法等について

(1)有識者による審査で決定する賞について

【対象となる賞】グランプリ、準グランプリ、奨励賞

【審査基準】

・高度な技術又は技法を駆使したもの

・形状、模様、色彩、機能、品質などが特に優れているもの

・市場性を有するもの

(2)来場者による投票で決定する賞について

【対象となる賞】ピープルズチョイス作品賞

【審査基準】

次の投票期間中、来場者に好みの作品を投票してもらい、最も多く投票数を獲得した作品をピープルズチョイス作品賞に決定

【投票期間】令和4年11月11日(金曜日)~13日(日曜日)正午

※イオンモール高岡東館1階セントラルコートにて「第42回富山県伝統的工芸品展」の作品展示と併せて実施

【投票数】231票

問い合わせ先

〒930-8501

富山県新総曲輪1番7号

富山県伝統的工芸品展運営委員会事務局(富山県商工労働部地域産業支援課内)

TEL:076-444-3249(直通)

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?