更新日:2022年9月6日

ここから本文です。

研究所紹介

<ページ内リンク>

所長挨拶

2019(令和元)年末に中国武漢市で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生して約2年半が経過しました。富山県衛生研究所(富山衛研)では、県内の第1波からPCR検査診断に全所的な体制で取り組んできました。第2波以降には富山衛研は保健所・厚生センターの検査診断の導入を支援しました。さらに、医療機関や民間検査機関でのPCR検査、抗原診断も可能となりました。また、富山衛研は県内の医療機関ネットワークとの連携で臨床ウイルス学・臨床疫学研究を実施してきました。さらには県健康対策室との連携で保健所の疫学調査の解析を支援してきました。このような疫学調査活動の実績を背景に、2022(令和4)年4月には富山衛研及び県健康対策室から構成される「富山県疫学調査支援チーム」が発足し、県内のCOVID-19をはじめとする感染症アウトブレイクの調査研究の基盤が構築されています。

さて、2021(令和3)年12月末に南アフリカを起源とするオミクロン株の流行が始まりました。この変異株はスパイク蛋白質をコードする領域に30個のアミノ酸変異を持っており、その出現はその後のグローバルなCOVID-19長期流行の大きな節目となりました。オミクロン株BA.1系統の流行では今年2月上旬をピークにこれまでにない大きな感染の波(第6波)となり、ピーク時には全国の新規感染者は1日10万人を超えました。また、3〜4月中にオミクロン株のBA.1よりやや感染力が高いBA.2系統に置き換わりました。感染者の主体は小児〜若年成人であり、またその大半は軽症でした。

2022(令和4)年8月現在、オミクロン株の国内流行が始まって既に8ヶ月が経過し、国民のmRNAワクチンの3回目接種および4回目接種が進んでいる中でこの変異株は長期間居座り続けています。長引く流行の主要な原因として、オミクロン株が従来株に比較して、1.感染性が高いこと、2.ワクチン免疫から逃避することが考えられます。国内の追加接種(3回目接種)の割合は8月1日時点で60代以上は8〜9割であるのに対し、20〜40代では約5〜6割、12〜19歳では4割、5〜11歳では2割弱です。このため、ウイルスに対する抵抗力のない年齢層の中でオミクロン株の感染連鎖が維持されていると考えられます。

2022(令和4)年7月から新規感染者数は再び急激に増加し、1日20万人を超えた状態が7月末から少なくとも8月中旬まで続いています。この間、BA.2系統はより感染力が高いとされるBA.5系統にほぼ置き換わりました。mRNAワクチン追加接種後の免疫血清のBA.1とBA.2系統に対する中和活性はほぼ同等ですが、BA.5系統に対する中和活性は約1/3に低下するとされています。オミクロン株の系統ウイルスによる流行がいつまで続くのかは正確な予測は困難です。第7波の感染拡大が継続し、医療体制の逼迫が問題となれば、国も経済を止めて、行動制限を求めることも必要になると思われます。一方、政府はオミクロン株(BA.1系統)対応のmRNAワクチンを2022(令和4)年10月以降に国民への接種を開始する方針を示したことから、その効果が期待されるところです。

免疫の隙間に入り込む「したたかなウイルス」に打ち克つための切り札はやはりワクチンです。mRNAワクチンに限らず、国内で開発中の複数のモダリティーのワクチンを有効に活用することが今後もCOVID-19対策の柱となると考えられます。これに加えて、基礎疾患のない人にも投与できる経口抗ウイルス薬が国内承認されれば、ウイズコロナの生活が現実的となってきます。しかし、当面は基本となる感染対策も必要となるでしょう。引き続き県民が一丸となってCOVID-19に対峙することが求められています。

富山衛研はCOVID-19の検査診断・疫学情報だけでなく、健康危機管理全般についても情報還元し、県民の安心・安全に繋げて行く所存です。どうぞ、ご理解・ご支援のほどお願い申し上げます。

2022(令和4)年8月

富山県衛生研究所 所長 大石和徳

 

所長業績

学術論文

2022年

  • Kawamoto Y, Kaku N, Akamatsu N, Sakamoto K, Kosai K, Morinaga Y, Ohmagari N, Izumikawa K, Yamamoto Y, Mikamo H, Kaku M, Oishi K, Yanagihara K. The surveillance of colistin resistance and mobilized colistin resistance genes in multidrug-resistant Enterobacteriaceae isolated in Japan. Int J Antimicrob Agents. 2022; 59(1): 106480.
  • Igarashi E, Tani H, Tamura K, Itamochi M, Shimada T, Saga Y, Inasaki N, Hasegawa S, Yazawa S, Sasajima H, Kaya H, Nomura S, Itoh H, Takeda S, Yamamoto Y, Yamashiro S, Ichikawa T, Horie Y, Hirota K, Hirano N, Kawashiri C, Oishi K. J Infect Chemother 2022; 28: 347-51.
  • Nakano S, Fujisawa T, Chang B, Ito Y, Akeda H, Fujita J, Matsumura Y, Yamamoto M, Suga S, Oishi K, Nagao M, Ohnishi M. Whole-Genome Analysis-Based Phylogeographic Investigation of Streptococcus pneumoniae Serotype 19A Sequence Type 320 Isolates in Japan. Antimicrob Agents Chemother. 2022 Feb 15; 66(2):e0139521. doi:10.1128/AAC.01395-21.
  • Ishida T, Seki M, Oishi K, Tateda K, Fujita J, Kadota J, Kawana A, Izumikawa K, Kikuchi T, Ohmagari N, Yamada M, Maruyama T, Takazono T, Miki M, Miyazaki Y, Yamazaki Y, Kakeya H, Ogawa K, Nagai H, Watanabe A. Clinical Manifestations of Hospitalized Influenza Patients without Risk Factors: A Prospective Multicenter Cohort Study in Japan via Internet Surveillance. J Infect Chemother. 2022; 28(7): 853-858.

2021年

  • Ishida T, Seki M, Oishi K, Tateda K, Fujita J, Kadota J, Kawana A, Izumikawa K, Kikuchi T, Ohmagari N, Yamada M, Maruyama T, Takazono T, Miki M, Miyazaki Y, Yamazaki Y, Kakeya H, Ogawa K, Nagai H, Watanabe A. Clinical manifestations of adult patients requiring influenza-associated hospitalization: a prospective multicenter cohort study in Japan via Internet Surveillance. J Infect Chemother 2021; 27(3): 480-485.
  • Itamochi M, Inasaki N, Saga Y, Shimada T, Obuchi M, Tani H, Mitsui C, Tomizawa T, Matsukura T, Takashima A, Seki E, Tanaka T, Doi Y, Kakiuchi T, Sasada K, Nakagawa M, Takeuchi T, Takamori T, Mizuki M, Morita M, Ishikawa T, Fujikawa M, Motoi I, Oishi K. Measles transmission in the training institute of Philippines technical interns, Toyama Prefecture, Japan, March 2019. Jap J Infect Dis. 2021; 74(3): 255-258.
  • Uehara T, Morino S, Oishi K, Nakamura Y, Togashi N, Imaizumi M, Nishimura S, Okada S, Yara A, Fukushima H, Imagawa K, Takada H. Pneumococcal serotype-specific opsonophagocytic activity in interleukin-1 receptor associated kinase 4-deficient patients. Pediatr Infect Dis J 2021 May 1; 40(5): 460-3.
  • Kanai M, Arima Y, Shimada T, Hori N, Yamagishi T, Sunagawa T, Tada Y, Takahashi T, Ohnishi M, Matsui T, Oishi K. Increase in congenital syphilis cases and challenges in prevention in Japan, 2016-2017. Sexual Health 2021; 18(2): 197-9.
  • Okuno H, Satoh H, Iitake C, Hosokawa S, Oishi K, Kikkawa T. Effects of message order and active participation on vaccine risk communication. Pediatr Int. 2021; 63(1): 1363-1368.
  • Kinoshita H, Arima Y, Shigematsu M, Sunagawa T, Saijo M, Oishi K, Ando S. Descriptive epidemiology of rickettsial infections in Japan: Scrub typhus and Japanese spotted fever, 2007-2016. Int J Infect Dis 2021; 105: 560-6.
  • Chang B, Kinjo Y, Morita M, Tamura K, Watanabe H, Tanabe Y, Kuronuma K, Fujita J, Oshima K, Maruyama T, Abe S, Kasahara K, Nishi J, Kubota T, Ohnishi M, Suga S, Oishi K, and the Adult IPD Study Group. Distribution and variation of serotypes and pneumococcal surface protein A clades of Streptococcus pneumoniae strains isolated from adult patients with invasive pneumococcal disease in Japan. Front Cell Infect Microbiol. 2021; 11: 617573.
  • Ueno A, Kawasuji H, Miyajima Y, Fukui Y, Sakamaki I, Saito M, Yamashiro S, Morinaga Y, Oishi K, Yamamoto Y. Prolonged viral clearance of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 in the older aged population. J Infect Chemother. 2021; 27(7): 1119-1121.
  • Deloria Knoll M, Bennett JC, Garcia Quesada M, Kagucia EW, Peterson ME, Feikin DR, Cohen AL, Hetrich MK, Yang Y, Sinkevitch JN, Ampofo K, Aukes L, Bacci S, Bigogo G, Brandileone MC, Bruce MG, Camilli R, Castilla J, Chan G, Chanto Chacón G, Ciruela P, Cook H, Corcoran M, Dagan R, Danis K, de Miguel S, De Wals P, Desmet S, Galloway Y, Georgakopoulou T, Hammitt LL, Hilty M, Ho PL, Jayasinghe S, Kellner JD, Kleynhans J, Knol MJ, Kozakova J, Kristinsson KG, Ladhani SN, Lara CS, León ME, Lepp T, Mackenzie GA, Mad'arová L, McGeer A, Mungun T, Mwenda JM, Nuorti JP, Nzoyikorera N, Oishi K, De Oliveira LH, Paragi M, Pilishvili T, Puentes R, Rafai E, Saha SK, Savrasova L, Savulescu C, Scott JA, Scott KJ, Serhan F, Setchanova LP, Sinkovec Zorko N, Skoczyńska A, Swarthout TD, Valentiner-Branth P, van der Linden M, Vestrheim DF, von Gottberg A, Yildirim I, Hayford K; The Pserenade Team. Global landscape review of serotype-specific invasive pneumococcal disease surveillance among countries using PCV10/13: The Pneumococcal Serotype Replacement and Distribution Estimation (PSERENADE) Project. Microorganisms. 2021; 9(4): 742.
  • Garcia Quesada M, Yang Y, Bennett JC, Hayford K, Zeger SL, Feikin DR, Peterson ME, Cohen AL, Almeida SCG, Ampofo K, Ang M, Bar-Zeev N, Bruce MG, Camilli R, Chanto Chacón G, Ciruela P, Cohen C, Corcoran M, Dagan R, De Wals P, Desmet S, Diawara I, Gierke R, Guevara M, Hammitt LL, Hilty M, Ho PL, Jayasinghe S, Kleynhans J, Kristinsson KG, Ladhani SN, McGeer A, Mwenda JM, Nuorti JP, Oishi K, Ricketson LJ, Sanz JC, Savrasova L, Setchanova LP, Smith A, Valentiner-Branth P, Valenzuela MT, van der Linden M, van Sorge NM, Varon E, Winje BA, Yildirim I, Zintgraff J, Knoll MD; The Pserenade Team. Serotype distribution of remaining pneumococcal meningitis in the mature PCV10/13 period: Findings from the PSERENADE Project. Microorganisms. 2021; 9(4): 738.
  • Kuronuma K, Bunya N, Chang B, Fujiya Y, Oishi K, Narimatsu E, Takahashi S, Chiba H. Invasive pneumococcal disease affected the fatal outcome in a COVID-19 patient. J Infect Chemother. 2021; 27(7): 1108-11.
  • Morinaga Y, Tani H, Terasaki Y, Nomura S, Kawasuji H, Shimada T, Igarashi E, Saga Y, Yoshida Y, Yasukochi R, Kaneda M, Murai Y, Ueno A, Miyajima Y, Fukui Y, Nagaoka K, Ono C, Matsuura Y, Fujimura T, Ishida Y, Oishi K, Yamamoto Y. Correlation of the Commercial Anti-SARS-CoV-2 Receptor Binding Domain Antibody Test with the Chemiluminescent Reduction Neutralizing Test and Possible Detection of Antibodies to Emerging Variants. Microbiol Spectrum. 2021; 9(3): e0056021. doi:10.1128/Spectrum.00560-21.

2020年

  • Kerdsin A, Takeuchi D, Nuangmek A, Akeda Y, Gottchalk M, Oishi K. Genotypic comparison between Streptococcus suis isolated from pigs and humans in Thailand. Pathogen. 2020 Jan 9;9(1).:50. doi: 10.3390/pathogens9010050.
  • Ohshima N, Akeda Y, Nagai H, Oishi K. Immunogenicity and safety after the third vaccination with the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine in elderly patients with chronic lung disease. Human Vaccine Immunother 2020 Feb 12: 1-7. doi: 10.1080/21645515.2020.1718975.
  • Fukusumi M, Kanagawa Y, Ohfuji S, Miyazaki K, Matsui T, Mizoguchi K, Yuguchi Y, Fukushima W, Oishi K, Hirota Y. Risk of seasonal influenza by occupation in a railway company in a metropolitan area of Japan during three influenza seasons. Jap J Infect Dis 2020;73(4):268-271.
  • Yamagishi T, Matsui M, Sekizuka T, Ito H, Fukusumi M, Uehira T, Tsubokura M, Ogawa Y, Miyamoto A, Nakamori S, Tawa K, Yoshimura T, Yoshida H, Hirokawa H, Suzuki S, Matsu T, Shibayama K, Kuroda M, Oishi K. A prolonged multispecies outbreak of IMP-6 carbapenemase-producing Enterobacterale due to horizontal transmission of the IncN plasmid. Sci Rep 2020 Mar 5;10(1):4139. doi: 10.1038/s41598-020-60659-2.
  • Kozuki E, Arima Y, Matsui T, Sanada Y, Ando S, Sunagawa T, Oishi K. Human psittacosis in Japan: notification trends and differences in infection source and age distribution by gender, 2007 to 2016. Ann Epidemiol 2020; 44: 60-3.
  • Kobayashi A, Shimada T, Tanaka-Taya K, Kanai M, Okuno H, Kinoshita M, Matsui T, Oishi K. Epidemiology of a workplace measles outbreak dominated by modified measles cases at Kansai International Airport, Japan, during August-September 2016. Vaccine 2020; 38:4996-5001.
  • Kato H, Yahata Y, Hori Y, Fujita K, Ooura N, Kido T, Yoshimoto K, Matsui T, Izumiya H, Ohnishi M, Oishi K. A shigellosis outbreak associated with a sports festival at a kindergarten in Kitakyushu City, Japan. J Infect Chemother 2020; 26(11):1146-1151.
  • Shimbashi R, Suzuki M, Chang B, Watanabe H, Tanabe Y, Kuronuma K, Oshima K, Maruyama T, Takeda H, Kasahara K, Fujita J, Nishi J, Kubota T, Tanaka-Taya K, Matsui T, Sunagawa T, Oishi K, and the Adult IPD Study Group. Effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine against invasive pneumococcal disease in adults, Japan 2013-2017. Emerg Infect Dis. 2020; 26(19): 2378-86.
  • Nishiki S, Arima Y, Yamagishi T, Hamada T, Takahashi T, Sunagawa T, Matsui T, Oishi K, Ohnishi M. Syphilis in Heterosexual Women: Case Characteristics and Risk Factors for Recent Syphilis Infection in Tokyo, Japan, 2017-2018. Int J STD AIDS 2020; 31(13): 1272-81.
  • Morino S, Kitagami E, Nakayama H, Koizumi Y, Tanaka-Taya K, Kinjo Y, Oishi K. Seroepidemiological Analysis of Anti-Pneumococcal Surface Protein A (PspA) Immunoglobulin G by Clades in Japanese Population. Vaccine 2020; 38(47): 7479-84. doi: 10.1016/j.vaccine.
  • Kato H, Kamiya H, Mori Y, Yahata Y, Morino S, Griffith M, Ikegaya A, Sahara K, Furuta T, Okuno H, Fukusumi M, Sunagawa T, Tanaka-Taya K, Matsui T, Oishi K. Rubella outbreak among workers in three small- and medium size business establishments associated with imported genotype 1E rubella virus-Shizuoka, Japan, 2015. Vaccine 2020; 38: 7278-83.

沿革

昭和35年4月1日 職員9名の構成で発足
昭和36年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、課、係制が設けられ、職員17名に拡充強化(庶務係、細菌課、ウイルス血清課、食品衛生課、生活環境課)
昭和37年11月30日 研究所庁舎完成
昭和38年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、所長代理制が設けられ、また課名の一部変更(庶務係→庶務課)(ウイルス血清課→ウイルス病理課)
昭和39年10月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、公害調査課を新設
昭和44年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、従来の課制を廃し、部制を設置し、部に主任研究員を配置(病理生化学部、微生物部、食品科学部、公害調査部)
昭和46年4月15日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、公害調査部所管の業務が公害センターに移管され、また各部の名称を変更(病理部、ウイルス部、細菌部、化学部、環境保健部)
昭和55年12月20日 研究所庁舎 小杉町中太閤山で建設着工
昭和57年6月10日 小杉町中太閤山に新庁舎完成
平成元年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、病理部をがん研究部に名称を変更
平成4年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、庶務課を総務課に名称を変更
平成12年7月1日 富山県感染症情報センターを開設
平成14年9月4日 文部科学省から科学研究費補助金取扱規定第2条第4号の研究機関に指定
平成15年5月28日 富山県衛生研究所倫理審査委員会、富山県衛生研究所研究評価委員会を設置
平成23年5月31日 富山県衛生研究所利益相反管理委員会を設置
平成27年3月31日 富山県衛生研究所利益相反管理委員会を廃止
平成27年4月1日 富山県衛生研究所倫理審査要綱、同倫理審査委員会運営要領策定
令和2年4月1日 がん研究部と環境保健部を統合し、研究企画部を設置

組織・業務

衛生研究所_組織図(JPG:55KB)

交通案内

徒歩
  • 小杉駅南口から約30分
公共交通機関
(射水コミュニティバス「小杉駅・太閤山線」)
  • 「小杉駅南口」乗車、「環境科学センター前」下車
    (乗車時間約8分)
自動車
  • 小杉駅南口から約5分
  • 富山駅南口(正面口)から約30分、高岡駅から約25分
  • 富山空港から約30分
  • 北陸自動車道富山西ICから約7分
  • 北陸自動車道小杉ICから約7分

お問い合わせ

所属課室:厚生部衛生研究所 

〒939-0363 射水市中太閤山17-1

電話番号:0766-56-5506

ファックス番号:0766-56-7326

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?