更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

研究所紹介

<ページ内リンク>

所長挨拶

2020年4月から富山県衛生研究所では、がん研究部と環境保健部を改組し、研究企画部を新たに発足しました。研究企画部では、所内各部の垣根を越えた研究調整に加え、これまでの感染症情報センター、がん研究部及び環境保健部の業務が新たな所掌となります。この新体制で今年度からの衛生研究所の研究業務を推進していくことになりますので、どうぞ宜しくご協力のほどお願い申し上げます。

さて、2019年12月末に、世界保健機関(WHO)は中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎のクラスターの発生を報告し、2020年1月9日には、新型コロナウイルスを同クラスターの肺炎患者から分離したことを発表しました。その後、1月15日には武漢市からの国内輸入例が報告され、2月1日には新型コロナウイルス感染症が感染症法上の指定感染症(2類感染症相当)に位置づけられました。新型コロナウイルスは、病初期から感染力が強いことが特徴で、主な症状は上気道症状〜肺炎です。感染者の8割は無症状〜軽症・中等症ですが、2割が重症化します(特に高齢者、持病のある人)。国内の致命率は約4%です。2020年1〜2月の中国河北省を中心とした流行は3月に入り欧米に拡散し、3月12日にWHOはパンデミックを宣言しました。また、3月24日には東京オリンピック・パラリンピック2020は1年間延期されることになりました。4月16日には新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が全都道府県を対象に発令され、5月4日には5月末日までの宣言期間が延長されました。2020年前半の4ヶ月の間に人類は突然発生した新興ウイルスのパンデミックに遭遇し、ワクチンや治療薬のない中、世界中がその対応に悪戦苦闘している状況です。この短期間のうちに、全世界の新型コロナウイルスの感染者数は約400万人、死者は28万人に達しました。

この事態の中で、富山県衛生研究所は1月30日以来、新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、県内で発生した症例の検査診断に対応しています。3月30日に県内初発例が確認されて以来、5月7日迄に216例の患者数と13例の死者が報告されています。この間、疑い症例だけでなく、多くの濃厚接触者に対する調査も含め、検査件数は2,600例に達しております。この県内での緊急事態の発生から、これまでウイルス部だけでなく、細菌部、研究企画部、化学部も加わり、全所的な体制でPCR検査に対応してきました。また、検査機器の追加配備や人員体制の強化などにより、検査体制の拡充を図っています。早期の流行の収束を願うばかりですが、新型コロナウイルス感染症との戦いは長丁場になる事が予想されることから、県民が一丸となって本感染症に打ち克つことが求められています。

今後、富山県衛生研究所は新型コロナウイルス感染症の検査診断だけでなく、県内の疫学状況についても情報還元し、県民の安心・安全に繋げて行く所存です。どうぞ、ご理解・ご支援のほどお願い申し上げます。

2020(令和2)年5月

富山県衛生研究所 所長 大石 和徳

沿革

昭和35年4月1日 職員9名の構成で発足
昭和36年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、課、係制が設けられ、職員17名に拡充強化(庶務係、細菌課、ウイルス血清課、食品衛生課、生活環境課)
昭和37年11月30日 研究所庁舎完成
昭和38年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、所長代理制が設けられ、また課名の一部変更(庶務係→庶務課)(ウイルス血清課→ウイルス病理課)
昭和39年10月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、公害調査課を新設
昭和44年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、従来の課制を廃し、部制を設置し、部に主任研究員を配置(病理生化学部、微生物部、食品科学部、公害調査部)
昭和46年4月15日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、公害調査部所管の業務が公害センターに移管され、また各部の名称を変更(病理部、ウイルス部、細菌部、化学部、環境保健部)
昭和55年12月20日 研究所庁舎 小杉町中太閤山で建設着工
昭和57年6月10日 小杉町中太閤山に新庁舎完成
平成元年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、病理部をがん研究部に名称を変更
平成4年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、庶務課を総務課に名称を変更
平成12年7月1日 富山県感染症情報センターを開設
平成14年9月4日 文部科学省から科学研究費補助金取扱規定第2条第4号の研究機関に指定
平成15年5月28日 富山県衛生研究所倫理審査委員会、富山県衛生研究所研究評価委員会を設置
平成23年5月31日 富山県衛生研究所利益相反管理委員会を設置
平成27年3月31日 富山県衛生研究所利益相反管理委員会を廃止
平成27年4月1日 富山県衛生研究所倫理審査要綱、同倫理審査委員会運営要領策定
令和2年4月1日 がん研究部と環境保健部を統合し、研究企画部を設置

組織・業務

衛生研究所_組織図(JPG:55KB)

交通案内

徒歩
  • 小杉駅南口から約25分
公共交通機関
(射水コミュニティバス「小杉駅・太閤山線」)
  • 「小杉駅南口」乗車、「環境科学センター前」下車
    (乗車時間約8分)
自動車
  • 小杉駅南口から約5分
  • 富山駅南口(正面口)から約30分、高岡駅から約25分
  • 富山空港から約30分
  • 北陸自動車道富山西ICから約7分
  • 北陸自動車道小杉ICから約7分

お問い合わせ

所属課室:厚生部衛生研究所 

〒939-0363 射水市中太閤山17-1

電話番号:0766-56-5506

ファックス番号:0766-56-7326

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?