トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 高齢者 > 介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算について > 【重要】令和2年度介護職員処遇改善実績報告書及び介護職員等特定処遇改善実績報告書の提出について

更新日:2021年6月30日

ここから本文です。

【重要】令和2年度介護職員処遇改善実績報告書及び介護職員等特定処遇改善実績報告書の提出について

介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算(以下、「加算」という。)の算定要件として、事業年度ごとにその実績を指定権者へ報告することが義務付けられております。

令和2年度サービス提供分の介護報酬について、加算を算定した事業所(新規開設の事業所など、年度途中から算定している場合も含む。)におかれましては、令和2年度分実績報告書の提出をお願いいたします。(令和2年度分から新様式になっていますので、注意してください。)
なお、提出されない場合には、加算に係る介護報酬の返還を命じられることがありますのでご留意願います。

実績報告書の様式は下記「関連ファイル」に掲載しておりますので、ダウンロードしてご利用ください。

1 提出書類

【介護職員処遇改善加算・介護職員等特定処遇改善加算】

  • (1)提出書類確認表(共通)
  • (2)介護職員1人当たりの賃金改善月額等報告書(富山県様式1)(処遇改善加算)
  • (3)介護職員1人当たりの賃金改善月額等報告書(富山県様式2)(特定処遇改善加算)
  • (4)介護職員処遇改善実績報告書・介護職員等特定処遇改善実績報告書(別紙様式3-1)(共通)
  • (5)介護職員処遇改善実績報告書・介護職員等特定処遇改善実績報告書(施設・事業所別個表)(別紙様式3-2)(共通)
  •  
  • ※報告書は加算を申請された法人又は事業所単位で提出ください。

2 提出期限

令和3年3月まで加算を算定する場合
令和3年7月30日(金曜日)まで

実績報告書は、各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日までに、各指定権者へ提出する必要があります。
令和2年度において、加算を算定する最後のサービス提供月が令和3年3月の場合、国保連等から介護サービス事業所への加算(報酬)の支払いは令和3年5月となるため、2ヵ月後の令和3年7月末日が提出期限となります。

3 提出先・提出方法

提出先:各指定権者

  • 県指定の介護サービス事業所について
    〒930-8501(住所記入不要)
    富山県庁 高齢福祉課 施設・居宅サービス係 あて
    ※郵送での提出にご協力願います。
  • 富山市内に所在する事業所、地域密着型サービス事業所、介護予防・日常生活支援総合事業等、各保険者によって指定されている事業所については、当該保険者あてにご提出ください。

※事業者が有する県内に所在する事業所(サービス)が複数あり、かつ複数の指定権者をまたがる場合、各指定権者に実績報告書一式を提出願います。1つの事業所内で県指定サービスと保険者指定サービスを提供している場合も同様です。

4 参考資料

5 その他留意事項

加算が算定できる要件は、賃金改善額が当該加算による収入額を上回ることであり、これが下回ることは想定されていません。仮に下回っている場合は一時金や賞与として支給することを依頼する場合があります。
なお、悪質な事例と認められる場合は加算の算定要件を満たしていない不正請求として返還となる場合もありますのでご留意ください。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部高齢福祉課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3414

ファックス番号:076-444-3492

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?