トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 高齢者 > 元気高齢者による介護助手制度導入モデル事業の参加事業所募集

更新日:2021年6月3日

ここから本文です。

元気高齢者による介護助手制度導入モデル事業の参加事業所募集

 県では、介護事業所における介護職員の負担を軽減し、介護職員がより専門性の高い業務に専念することができる体制を構築するため、地域の元気な高齢者の方々を中心に身体的介助を行わずに配膳やベッドメイク等の周辺業務に従事していただく「介護助手」の県内での導入を検討しています。
 その一環として、介護助手の導入効果や課題の把握、ノウハウの蓄積を行うとともに、県内の各種就労機関と連携した担い手の募集・掘り起しの枠組み構築を図るため、モデル事業所において、介護助手を3ヵ月間雇用(OJT研修)するモデル事業を実施します。介護人材の確保などでお悩みの介護事業所の皆様、モデル事業へ参加してみませんか?

モデル事業の概要

※詳細は下記リンクの「モデル事業実施要領」をご確認ください。

●モデル事業実施期間

 モデル事業所決定の日(令和3年6月末想定)から令和3年12月末まで

●モデル事業所について

(1)対象サービス

  特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム

(2)モデル事業所数

  下記の条件を満たす富山県内の5事業所(程度)

 ・介護助手2名(程度)を3ヵ月間雇用(OJT研修)できること

 ・本事業の趣旨を理解し、事業目的に沿った介護助手の雇用(OJT研修)を着実に実行するとともに、事業後の効果検証にも誠実に対応すること

 ・介護助手受入れにあたり、すべての職員が共通認識を持つとともに、専任のOJT研修責任者・担当者を配置するなど受入体制が整っていること

●モデル事業における介護助手について

(1)介護助手の対象者

 ・年齢層:原則、60歳以上の地域の元気な高齢者

 ・賃金:原則、時給900円程度

 ・勤務時間:原則、週16時間程度の短時間勤務

 ・雇用形態:原則、直接雇用としますが、地域のシルバー人材センター等への委託による雇用も対象とします。

 ・雇用期間:原則、令和3年7月~12月の間の3か月間

(2)介護助手の業務

  身体的介助を行わない介護周辺業務(部屋の掃除、食事の配膳・片付け、ベッドメイク、シーツ交換、利用者の話相手等)

 ※食事介助や入浴介助などの専門的知識を要する業務、運転業務、介護職が従事しない業務(事務や調理等)は対象外

モデル事業への参加申込

※詳細は下記リンクの「モデル事業実施要領」をご確認ください。

●募集期間

 令和3年6月4日(金)~6月18日(金)(必着)

●申込み方法

 下記リンクの「(別紙3)参加申込書」をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、電子メール又はFAXでお申し込みください。

●申込み先・お問い合わせ先

 (公財)介護労働安定センター富山支所(受託事業者)

 〒930-0857富山市奥田新町8-1ボルファートとやま8F

 TEL:(076)444-0481、FAX:(076)444-0425、メールアドレス:toyama@kaigo-center.or.jp

●選考及び結果公表

・予算の範囲(5事業所程度)を超えて参加申込みがあった場合、提出書類に基づき、書面選考を行い、モデル事業所を決定します。

・選考結果(決定されたモデル事業所)は、令和3年6月末を目途に、介護労働安定センターHP及び県HPにて公表するとともに、決定されたモデル事業所に対し、その旨通知します。

 

<リンク>

(公財)介護労働安定センター富山支所(申込み先・お問い合わせ先)(外部サイトへリンク)

・モデル事業所募集チラシ(PDF:294KB)

・モデル事業実施要領(PDF:288KB)

・(別紙1)実施スケジュール(PDF:112KB)

・(別紙2)介護助手業務の細分化(例)(PDF:117KB)

・(別紙3)参加申込書(エクセル:26KB)

お問い合わせ

所属課室:厚生部高齢福祉課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3204

ファックス番号:076-444-3492

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?