トップページ > マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について

更新日:2021年9月17日

ここから本文です。

マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について

新型コロナウイルスの感染症対策の一つとして「マスクの着用」を呼びかけておりますが、発達障害のある方など、触覚・嗅覚等の感覚過敏といった障害特性のある方は、マスクの着用が困難な場合があります。こうした特性は、子どものみならず成人でも見られることがあります。


マスクをつけたくてもつけられない方は、周囲から冷ややかな目で見られたり、心無い批判を受けたりすることがあります。街中でマスクをつけていない人を見かけたら、「何か事情があるのかもしれない」と想像してみてください。マスクの着用が困難な方がいることを知り、思いやりのある行動をお願いします。

 

富山県では平成30年7月からヘルプマークを導入しております。ヘルプマークは、外見からは分かりづらい障害などにより周囲の方々への援助や配慮を希望することを示しています。発達障害をはじめ、感覚過敏によってマスクの着用が困難な方も利用されています。

help

関連リンク

 

お問い合わせ

所属課室:厚生部障害福祉課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館1階

電話番号:076-444-3211

ファックス番号:076-444-3494

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?