更新日:2021年8月17日

ここから本文です。

8月は食品衛生月間です!

8月を「食品衛生月間」と定め、広く食品衛生思想の普及・啓発、食品の安全に関する情報の提供を行います。

下記の日程で、食中毒予防リーフレットの配布、食品衛生相談所の開設や手洗い体験学習などを行います。

令和3年度 食品衛生月間 行事一覧/共催:(一社)富山県食品衛生協会
実施日 時間 実施場所
8月2日(月曜日) 10時00分~12時00分 あさひショッピングセンターアスカ(朝日町)
8月3日(火曜日) 13時30分~15時30分 MEGAドン・キホーテUNY砺波店(砺波市)
8月6日(金曜日) 10時00分~12時00分 MEGAドン・キホーテUNY魚津店(魚津市)
8月18日(水曜日) 10時00分~15時00分 イオンモール高岡(高岡市)→中止
8月25日(水曜日) 10時00分~12時00分 アル・プラザ小杉(射水市)→中止

食中毒予防三原則

三原則「つけない」「ふやさない」「やっつける」のイラスト

食中毒予防の6つのポイント

1 食品の購入

肉、魚、野菜などの生鮮食料品は、新鮮なものを必要な分だけ買いましょう。要冷蔵や要冷凍食品は、買い物の最後に購入し、できれば保冷剤(氷)と一緒にして、寄り道せずにまっすぐに持ち帰りましょう。

2 食品の保存

冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下にしましょう
冷蔵庫、冷凍庫の詰めすぎは禁物、7割が目安です。
肉や魚は汁がもれないように包んで保管しましょう。

3 下準備

包丁やまな板は、食材が変わるたびに十分洗浄し、熱湯消毒しましょう。
冷凍食品の解凍は、室温に放置せず、冷蔵庫や電子レンジで必要なだけ解凍し、再冷凍は避けましょう。

4 調理

調理する食品の加熱は十分に行いましょう。十分加熱できるよう、薄切りや切れ目を入れるなど工夫しましょう。中心温度75℃以上1分間以上の加熱が目安です。

5 食事

清潔な手で、清潔な器具・食器で盛り付けましょう。
調理済みの料理は、長く室温に放置せず、すぐに食べましょう。

6 残った食品

あら熱をとり、浅い容器に小分けし、できるだけ早く冷蔵庫で保存しましょう。
温めなおす時もかき混ぜて、十分に加熱しましょう。
ちょっとでも怪しいと思ったら、思い切って捨てましょう。

その他(しかし、とても大切です。)

食中毒防止の基本は手洗いです。調理の前後、生の魚介類・食肉を取り扱った後、トイレの使用後は、必ず消毒効果のある石鹸で正しく手を洗いましょう。
下痢をしている人、手指に化膿のある人は調理に従事しないようにしましょう。

食中毒かな?と思ったら・・・

  1. 自己判断で、下痢止めなど市販薬などを服用することはやめましょう。
  2. 早めに医療機関を受診しましょう。
  3. 水分補給し、安静にしましょう。
  4. 下痢の症状がある場合の入浴は、シャワーのみとし、家族への感染を防ぎましょう。
  5. 汚物は、手袋を使用して密封処理しましょう。
  6. 漂白剤などを利用して手に触れる場所を消毒しましょう。

関連リンク一覧

お問い合わせ

所属課室:厚生部生活衛生課食品乳肉係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3230

ファックス番号:076-444-3497

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?