更新日:2021年6月15日

ここから本文です。

ねこのオモチャを作ってみよう

「ねこ」といえば好奇心旺盛で遊び好きな動物です。

鉛筆を転がして遊んだり、携帯電話のストラップにパンチしたり、思いもしない物で楽しんで遊んでいたりしますよね。

今回のお知らせノートは、“ねこのオモチャを作ってみよう”です。

身近なものを使ってオリジナルのおもちゃをつくってみてはいかがでしょうか。

自分の手で作ったオモチャで、楽しそうに遊んでいるねこの姿を見れば、思わず笑顔になってしまうこと間違いなしですよ。

用意するもの

  • トイレットペーパーの芯
  • ハサミ

★鉛筆・定規は必要に応じて

作り方

トイレットペーパーの芯を用意します。

色や素材の違う物があると、よりバリエーションが増えます。

芯を約1.5cm幅に切っていきます。

うまく切れない場合、定規と鉛筆で目印となる線を引くと、幅がある程度揃えられます。

カッターで少し切り込みを入れてから、ハサミを入れていいですし、全部カッターで切ってもOKです。

手を切らないよう注意してください

全部で4つ切ってください。

カットした4つの輪を重ねていきます。

それぞれの輪をずらしながら重ねると、うまく作れます。

4つの輪すべてを重ね終えたら完成です!

輪を重ねるだけで、ねこが遊ぶには丁度いいサイズのボールが出来ました。

ボールの中に鈴など音の鳴るものを入れておくと、更に興味を引くことができます。

色の違う輪を混ぜたり、輪にイラストの入ったマスキングテープを貼ったりすると、より素敵なオモチャになりますね。

輪が外れないようにホッチキスで留める場合は、誤飲などの危険がないように注意しましょう。

ホッチキスの針には注意しましょう

いろいろな工夫を凝らしながら、飼いねこが喜ぶ、オモチャを作ってみてはいかがでしょうか?

「こんなオモチャが楽しいの?」と思うくらい単純な物でも、意外に楽しく遊んでくれたりします。
同じオモチャでも、大きさや模様を変えることで飽きさせないのも工夫の1つです。

飼いねこへの愛情が深まりますので、ぜひ「オリジナルの手作りオモチャ」を作ってみてください。

オモチャに金属やマスキングテープなどを使用する際は、ねこが誤飲・怪我しないよう注意してください。

もくじに戻る

お問い合わせ

所属課室:厚生部生活衛生課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3230

ファックス番号:076-444-3497

所属課室:厚生部生活衛生課動物管理センター

〒930-0275 中新川郡立山町利田 

電話番号:076-462-3467

ファックス番号:076-462-3494

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?