更新日:2021年8月2日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチンについての情報を随時掲載していきます。

接種費用

 無料(全額公費)

接種を受ける際の同意

 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

住民向け接種について

住民向け接種の詳細は、お住いの市町村のホームページ等をご確認ください。

市町村ワクチン接種ページ(外部リンク)
富山市 リンク
高岡市 リンク
魚津市 リンク
氷見市 リンク
滑川市 リンク
黒部市 リンク
砺波市 リンク
小矢部市 リンク
南砺市 リンク
射水市 リンク
舟橋村 リンク
上市町 リンク
立山町 リンク
入善町 リンク
朝日町 リンク

 

県内のワクチン接種実績(令和3年8月1日現在)

県内のワクチン接種実績は以下のとおりです。

※ワクチン接種記録システム(VRS)の実績

全ての年代

 対象者:約96万2千人(12歳以上)

接種回数 うち1回目 うち2回目
711,319 406,871 304,448

 

高齢者(65歳以上)

 対象者:約33万5千人

接種回数 うち1回目 うち2回目
552,777 295,764 257,013

 

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

 海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書の交付を受けることができます。

 本接種証明書の交付申請先は、接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)となっております。

 なお、この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。

※接種証明書に関する詳しい内容については、こちら(厚生労働省ホームページへリンク)をご確認ください。

コロナウイルスワクチン接種に関するお問い合わせ先

富山県が設置する特設会場に関するお問い合わせ窓口

富山県新型コロナワクチン接種特設会場コールセンター

電話番号:076-444-5730

対応時間:9時00分~17時00分

※特設会場に関する情報はこちらに掲載しています。

医学的知見が必要となる専門的な相談窓口

富山県新型コロナワクチン専門相談窓口(コールセンター)
電話番号:076-411-5132
F A X :076-411-7177
対応時間:9時00分~17時00分(土日・祝日を除く)

※副反応と思われる症状がでて、診察をご希望される方は、コールセンターではなく、かかりつけ医又は接種医にご相談ください。

コロナワクチン施策の在り方等に関する相談窓口

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-761-770
対応時間:9時~21時(平日、土日・祝日)

 

ワクチン接種日時・場所、接種券(クーポン券)などの相談は、お住まいの市町村にお問い合わせください。

 

新型コロナウイルスワクチンについて(関係省庁ページ)

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室感染症対策課新型コロナウイルス対策班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-2176

ファックス番号:076-444-8900

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?