トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 健康 > 新型コロナウィルス(COVID-19)関連情報 > 療養に備えて準備をしておきましょう(新型コロナウイルス感染症)

更新日:2022年9月8日

ここから本文です。

療養に備えて準備をしておきましょう(新型コロナウイルス感染症)

いざという時に備えて

新型コロナウイルス感染症の感染規模が拡大し、いつ感染するかわからない状況です。
陽性者ご本人ばかりでなく、同居しているご家族も濃厚接触者であれば、不要不急の外出は控えていただくことになります。
そのため、療養期間中に食料品や日用品が不足し困らないように、必要なものを確認し、事前に準備しておくと安心です。
また、家族に感染を広げないためにも、ご自宅の療養環境の準備もしておきましょう。

療養期間について

  • 発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した期間となります。(※)

(※)10日間が経過するまでは感染リスクが残るため、ご自身での健康状態の確認や高齢者等ハイリスク者との接触、高齢者施設や医療機関などのハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けていただき、マスク着用など自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

  • 陽性でも症状がない場合は、検体採取日から7日経過後に療養解除となります。ただし、5日目の検査キット(ご自身でご準備ください)による検査で陰性となった場合は、6日目に療養解除となります。(※)

(※)7日間が経過するまでは感染リスクが残るため、ご自身での健康状態の確認や高齢者等ハイリスク者との接触、高齢者施設や医療機関などのハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けていただき、マスク着用など自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

なお、当初無症状の人でも、途中で症状が現れた時は、発症日が療養期間(7日間)の起算日になります。

  • また、濃厚接触者は、新型コロナウイルス感染症と接触のあった日の翌日から5日間の自宅待機が必要です。

服用中の薬について

  • 服用中のお薬がある場合は、2週間分程度ご用意ください。
  • 自宅療養中にお薬が不足することがないよう準備してください。
  • もしなくなりそうな場合は、かかりつけ医の電話診断を受けたうえで、お薬の処方を受けるなどしてください。

食料品や日用品 準備しておきたいもの

(備えておきたい食料品の一例)

〜食欲がなくても食べられて、必要なカロリーが摂取できるものが必要です〜

  • 主食(お米やうどん、シリアルなど食べやすいもの)
  • 菓子類(とくにチョコレート)
  • ゼリー状栄養補助食品
  • レトルト食品、インスタント食品
  • 缶詰(果物等)
  • 冷凍食品(火にかけるだけのうどん等が便利です)
  • 経⼝補⽔液
  • スポーツ飲料

(注意)持病等により、食事制限がある⽅は、主治医の指示に従ってください。

(備えておきたい⽇⽤品の一例)

  • 保険証
  • 持病等で服⽤中の薬、市販の解熱鎮痛剤・総合風邪薬・胃腸薬等
  • 体温計(電池残量も確認しましょう)
  • 氷まくら、保冷剤等の冷却材
  • 消毒⽤エタノール
  • マスク
  • ごみ袋
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 洗剤・石鹸等
  • ⽣理⽤品、乳幼児や⾼齢者がいる世帯で必要な衛⽣⽤品(ミルクやおむつ等)

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室感染症対策課新型コロナウイルス対策班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-3556

ファックス番号:076-444-8900

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?