トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 富山県特定不妊治療費助成事業 > 新型コロナウイルス感染拡大に伴う取り扱いの変更について

更新日:2021年8月25日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う取り扱いの変更について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「富山県特定不妊治療費等助成事業」における助成対象について、時限的に下記のとおり取り扱います。
なお、取扱いは、今後の状況や厚生労働省からの通知等により変更される場合があります。
治療開始前・助成金申請前に必ず県健康課へお問合せください。

なお、令和3年3月31日時点で妻の年齢が42歳または39歳である夫婦に対して、当該時限的措置が適用されることはありません。

令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦の方

【要件】
令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、妻の年齢が 44 歳に到達する日の前日までの間に限り、対象者と取り扱います。

令和2年3月31日時点で未婚であっても、助成を受けようとする治療開始時点で婚姻していれば対象となります。

助成回数

初めて助成を受けた治療の開始時の妻の年齢 通算回数 年間回数
41歳~43歳 通算3回 最大3回

 

令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦の方

【要件】
令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が41歳未満であるときは、通算助成回数を6回と取り扱います。

令和2年3月31日時点で未婚であっても、助成を受けようとする治療開始時点で婚姻していれば対象となります。

助成回数

初めて助成を受けた治療の開始時の妻の年齢 通算回数 年間回数
41歳未満 通算6回 最大6回

 

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?