トップページ > くらし・健康・教育 > 相談窓口・施設案内 > 相談窓口 > 女性相談 > デートDVの防止とDVの未然防止について

更新日:2022年2月25日

ここから本文です。

デートDVの防止とDVの未然防止について

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、「配偶者やパートナーなど親密な関係の中で起こる暴力」のことです。
DVのなかでも、若い恋人間で起こるDVを『デートDV』といいます。デートDVは同性のカップル間で起こることもあります。

「これってデートDVかな?」と思ったら、自分の力だけで解決しようとせずにまずは相談しましょう。
あなたの話を聴いて、一緒に考えてくれる人が必ずいます。 相談先はこちら(PPT:211KB)

現状と課題

本県では約7人に1人が10歳代、20歳代に交際相手からのDV被害を受けたことがあり、DVは決して大人だけの問題だけではなく、若者の間でも起こっています。
デートDVの防止、そして、児童生徒等が将来にわたってDVの被害者にも加害者にもなることのないよう、交際相手からの暴力の問題について考える機会を積極的に提供することが必要です。
学校や教育関係者に対する研修を充実するとともに、小学校・中学校・高等学校等における予防啓発講座の開催や、リーフレットの作成・配布などにより、デートDVも人権侵害に当たる行為であることを、子どもや保護者、教育関係者をはじめ広く県民に啓発することが必要です。

デートDV防止啓発冊子等

  • (1)中学生向けリーフレット
    「自分も相手も大切にするために~知ってる?デートDV~」
    (令和3年10月発行)
  • (2)高校生向けリーフレット
    「恋する若者たちのために~デートDVを知っていますか?~」
    (令和3年10月発行)
  • (3)冊子
    「素敵な関係でいてほしい~自分も相手も大切にするコミュニケーション~」
    (平成25年2月発行)
  • (4)冊子
    「恋する若者たちのために~若者の愛と暴力を考える~」
    (平成20年3月発行)

詳しくは右関連ファイルをご覧ください。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:厚生部こども家庭室こども未来課家庭福祉担当

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3950

ファックス番号:076-444-3493

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?