トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 県単医療費助成制度の所得制限

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

県単医療費助成制度の所得制限

富山県では、これまで、妊産婦、乳幼児やひとり親家庭、心身障害者の方々を対象とした医療費の助成を実施し,自己負担額を無料または少額としてきましたが、経済的公平性の観点や医療費助成制度の継続のため、平成20年10月1日から、全制度に所得制限を導入することとなりました。
このため、所得金額が一定の限度額を超える場合には、これまで無料で受診できた方でも、医療機関の窓口で医療費の自己負担が発生します。
なお、実際の医療費助成については、それぞれの市町村で異なる取扱いをする場合がありますので、詳しくは、お住まいの市町村担当窓口でご確認ください。

<所得制限の概要>
区分 所得制限限度額
妊産婦 生計維持者の所得が一定の基準額(国の「児童手当特例給付」の所得基準)以上であるとき
乳児 養育者の所得が一定の基準額(国の「児童手当特例給付」の所得基準)以上であるとき
幼児
ひとり親家庭等 国の「児童扶養手当」の所得基準以上であるとき
(現在、既にこの分野は、所得制限を導入しています。)
心身障害者
(65歳未満重度)
世帯の合計所得額が1,000万円以上であるとき

(現在、心身障害者(65歳未満重度)の一部に導入している所得制限を、この分野全体に拡大するものです。)
高齢者
(65歳以上重中度)

高齢者
(65歳~69歳軽度)

お問い合わせ

所属課室:厚生部厚生企画課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3196

ファックス番号:076-444-3491

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?