トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2022年 > 8月 > 令和2年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果(富山県分)について

更新日:2022年8月5日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

令和2年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果(富山県分)について

発表日 2022年8月5日(金曜日)

令和2年国勢調査(令和2年10月1日現在)における富山県分の従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果は、下記のとおりです。

概要

通勤・通学者の特徴

他の市町村(他県含む)への通勤・通学者の割合は、舟橋村(75.5%)、立山町(59.9%)、上市町(59.5%)の順に高く、富山市が11.0%で最も低い。

通勤・通学による市町村間の流入・流出人口をみると、富山市は県内一円から、高岡市は呉西地区から流入。

昼間人口と夜間人口

富山県の昼夜間人口比率は99.8で、平成27年(前回調査)と同じ。

流出人口・流入人口とも石川県が約7割を占める。

市町村別の昼夜間人口比率は、黒部市(106.8)、富山市(105.7)で高い。​​

関連ファイル等

詳細は、下記PDFファイルをクリックしてご覧ください。

令和2年国勢調査_従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果の概要(富山県分)(PDF:832KB)

また、この調査結果の概要は、統計調査課ホームページ「とやま統計ワールド」でもご覧になれます。

https://www.pref.toyama.jp/sections/1015/index2.html

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

経営管理部 統計調査課人口労働係

(直通)076-444-3192(内線)2555、2558

伊東、三鍋