更新日:2021年3月17日

ここから本文です。

許しません!不正軽油

不正軽油とは

不正軽油とは、ディーゼル車の燃料として使用される軽油に、脱税を目的として重油等を混ぜ、軽油と偽り販売しているものです。
こうした不正軽油(特に重油を混ぜた場合)は、ディーゼル車の排気ガス中の有害物質を増加させ、環境に悪い影響を与えるもので、環境の側面からも不正軽油と呼ぶものです。

典型的な不正軽油のしくみ

軽油に重油などを混ぜて使用すると・・・

  • 排気ガス中のPM(粒子状物質)やNOx(窒素酸化物)を増加させ、県民の生命や健康を脅かす原因となります。
  • エンジンの不具合・損傷の原因となることがあります。

混和軽油を販売・消費した方には軽油引取税が課税されます。

ご協力ください!

  • 走行中の車両や工事現場の建設機械などから軽油の抜き取り調査を実施しますので、県税事務所の職員がうかがった際にはご協力をお願いします。
  • 不正軽油の製造・販売に関する情報がありましたら「軽油110番」までお寄せください。

情報提供はこちらから

当コンテンツの各項目をご参照ください。

  • 軽油110番
  • 富山県不正軽油対策協議会

問合せ先
経営管理部税務課課税係
〒930-8501
富山市新総曲輪1番7号
TEL:076-444-3178

お問い合わせ

所属課室:経営管理部税務課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館3階

電話番号:076-444-3177

ファックス番号:076-444-3487

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?